平成30年度

第33回「北方領土を考える」高校生弁論大会受賞者による表敬

 平成31年3月14日(木)、安倍内閣総理大臣と宮腰北方対策担当大臣は総理大臣官邸で、第33回「北方領土を考える」高校生弁論大会で最優秀賞及び優秀賞を受賞した高校生による表敬を受けました。


平成30年度北方領土に関する全国スピーチコンテスト

 平成31年2月23日(土)に(独)北方領土問題対策協会主催の「平成30年度北方領土に関する全国スピーチコンテスト」の最終選考会・表彰式が行われ、宮腰北方対策担当大臣が出席しました。


北方領土返還要求全国大会

 平成31年2月7日の「北方領土の日」に、北方領土返還要求運動連絡協議会、地方六団体、内閣府で構成する実行委員会の主催により、国立劇場大劇場において「平成31年北方領土返還要求全国大会」が開催され、安倍内閣総理大臣、宮腰北方対策担当大臣、河野外務大臣が出席しました。


北方領土展2018 in Tokyo

12月1日から3日間、新宿駅西口地下広場イベントコーナーにて「北方領土展2018 in Tokyo」が開催されました。会場ではパネル展、クイズラリ―、北方領土ビンゴ、元島民2世の落語家三遊亭金八師匠による北方領土落語の寄席及び北方領土隣接地域の物産展などが行われました。


北方領土返還要求中央アピール行進

 平成30年12月1日、宮腰北方対策担当大臣、左藤内閣府副大臣は北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(北隣協)が主催する「北方領土返還要求中央アピール行進」に参加しました。


北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会による表敬

 平成30年11月30日、北方領土隣接地域一市四町(根室市(ねむろし)、別海町(べつかいちょう)、中標津町(なかしべつちょう)、標津町(しべつちょう)及び羅臼町(らうすちょう)の各首長、議長が、菅内閣官房長官及び宮腰北方対策担当大臣を表敬訪問し、北方領土問題の早期解決について要請を行いました。


平成30年度(第35回)都道府県民会議代表者全国会議

 平成30年11月30日、宮腰北方対策担当大臣は、独立行政法人北方領土問題対策協会が主催する平成30年度(第35回)都道府県民会議代表者全国会議に出席しました。


宮腰大臣の北方領土隣接地域視察

 平成30年10月16日、17日、宮腰北方対策担当大臣は、就任後初めて根室地域を訪問し、北方領土を視察しました。2日間にわたり、返還要求運動の関係団体や元島民の方々と懇談や北方館(根室市納沙布岬)等の視察を行いました。



宮腰光寛北方対策担当大臣就任

平成30年10月2日、宮腰光寛内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)・北方対策本部長が就任されました。

福井大臣の北方領土隣接地域視察(羅臼町)

平成30年8月2日、福井大臣は北方領土隣接地域の羅臼町を訪問し、ネイチャークルーズの体験、羅臼昆布倉庫の視察をしました。

『来て・みて・感じて!「ねむろ地域」の魅力再発見・発信シンポジウム』を開催しました

平成30年8月1日、北海道中標津町で『来て・みて・感じて!「ねむろ地域」の魅力再発見・発信シンポジウム』を開催しました。
※ねむろ地域=根室市、別海町、中標津町、標津町及び羅臼町

平成30年度子ども霞が関見学デー

平成30年8月1日及び2日に「子ども霞が関見学デー」が開催されました。
 中央合同庁舎第8号館1階講堂に北方対策本部のブースを設置し、たくさんの方にお越しいただきました。 また北方領土エリカちゃんも登場し、子どもたちと触れ合ったり、記念撮影等を行って楽しみました!

函館豆記者による総理・内閣府副大臣表敬及び北方対策本部取材

平成30年8月1日(水)、函館豆記者の小学生13名が、沖縄豆記者と合同で安倍内閣総理大臣、あかま内閣府副大臣を表敬訪問するとともに、前日の7月31日(火)に、北方対策本部の取材を行いました。

北方少年少女交流事業

平成30年7月26日、北方少年少女(北方領土元居住者の3世、4世等の中学生)7名が安倍総理大臣を表敬訪問し、北方領土への思いを伝えるとともに、翌日の27日は、福井大臣を表敬訪問しました。

サッポロビール道産子感謝DAY

平成30年6月30日(土)、7月1日(日)に北海道札幌市で開催された「サッポロビール道産子感謝DAY」に北方領土のブースを出展し、エリカちゃんも参加しました。  今後も、このような北方領土に関するイベントが全国各地で開催されます。北方領土問題を知るよい機会となりますので、皆さんもぜひご参加ください。

平成30年度(第43回)都道府県推進委員全国会議

挨拶を行う福井大臣

平成30年4月13日、都道府県推進委員全国会議(独立行政法人北方領土問題対策協会主催)が開催され、福井北方対策担当大臣が出席しました。福井大臣は、各都道府県における北方領土返還要求運動の推進役である全国の推進委員の日頃の活動に対して感謝の意を述べるとともに、外交交渉を後押しする国民世論の啓発、特に北方領土隣接地域への修学旅行等の誘致に力を入れていくこと、引き続き推進委員との連携を密にして取り組んでいく旨、挨拶しました。