行事・イベント(平成25年度)

北方領土展2013 in Tokyo

パネル展示の様子
パネル展示の様子

12月1日~3日の間、内閣府と北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会の共催で、 「北方領土展2013 in Tokyo」を開催しました。
新宿駅西口地下のイベントコーナーにおいて、約90点の啓発パネルの設置や都内の大学生の協力を得て、啓発物品の配布、北方領土クイズラリー等を行い、北方領土問題の分かりやすい啓発を行いました。また、会場に併設して北方領土に隣接する根室管内一市四町(根室市、別海(べつかい)町、中標津(なかしべつ)町、標津(しべつ)町、羅臼(らうす)町)の特産品を展示・販売する物産展も開催し、多くの方に御来場いただきました。
また12月2日に、後藤田内閣府副大臣が会場を視察し、パネル展・物産展を回りながら、一市四町の関係者を激励しました。

北方領土返還要求中央アピール行動参加

挨拶を行う山本大臣
挨拶を行う山本大臣

平成25年12月1日、山本北方対策担当大臣、後藤田内閣府副大臣及び亀岡内閣府大臣政務官は、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(北隣協)が主催する「北方領土返還要求中央アピール行動」に参加しました。

後藤田副大臣、北方領土視察

「二・ホ・ロ」を視察
「二・ホ・ロ」を視察中

平成25年11月9日、10日、後藤田内閣府副大臣は、就任後初めて北海道根室市等を訪問し、北海道立北方四島交流センター「二・ホ・ロ」及び北方館・納沙布岬を視察しました。また、元島民やその後継者、地元の首長の方々と懇談を行いました。後藤田副大臣は、 「北方領土問題は国の最重要課題。一日も早く問題が解決するよう働きたい」との決意を述べました。

子ども霞が関見学デー

子ども霞が関見学デー
北方対策本部展示スペースの様子

8月8日、9日政府のプログラム「子ども霞が関見学デー」が開催されました。
内閣府本府仮設庁舎講堂に設置された北方対策本部の展示スペースでは、多くの子どもたちが、楽しみながら北方領土問題について学習しました。

北方少年交流事業

北方少年交流事業
平成25年度の表敬の模様

北方少年(北方領土元居住者の3世等の中学生)が北方領土返還に向けた思いや、日頃地元で行っている北方領土返還に関する活動等を直接報告するため、平成25年7月30日、内閣総理大臣や北方対策担当大臣等を表敬訪問しました。
根室市立歯舞中学校3年生の樫見柚香さんは、「北方領土に関する知識を一層深めたい」と語るなど、7名の北方少年一人ひとりが、直接、安倍内閣総理大臣、山本一太北方対策担当大臣、伊達内閣府副大臣に北方領土への思いを伝えました。
安倍内閣総理大臣は、「これからも皆さんの思いを、周りに伝えていってもらいたいと思いますし、私たちもしっかりと頑張っていきたいと思います。」と北方少年を激励しました。

平成25年度 北方少年
樫見  柚香 根室市立歯舞中学校3年生
飛弾  征宏 根室市立厚床中学校3年生
齋藤  昭太 根室市立柏稜中学校2年生
田中  瑞希 別海町立別海中央中学校2年生
清原  璃夢 中標津町立武佐中学校3年生
仲澤  大翔 標津町立標津中学校2年生
東狐  弘晟 羅臼町立羅臼中学校3年生

函館豆記者による北方領土問題取材

北方対策本部訪問取材の様子
北方対策本部訪問取材の様子

7月29日~8月1日、北方領土問題について根室等で取材するなどの学習を行っている「函館豆記者」の小学生14名が、内閣府等で取材活動を行いました。
北方対策本部への訪問取材の際には、これまでの取材・学習の成果を職員の前で発表するとともに、政府の取組等について取材しました。北方対策本部への訪問取材の際には、これまでの取材・学習の成果を職員の前で発表するとともに、政府の取組等について取材しました。