戦前の姿

行政等

明治維新以降、地方行政制度が施行され、いろいろな変遷を経て終戦時には、歯舞群島は北海道根室半島に本村を有していた歯舞村(昭和34年根室市に編入、合併されたため現在は根室市)の離島であり、色丹島には色丹村、国後島には泊(とまり)村および留夜別(るやべつ)村、択捉島には留別(るべつ)村、紗那(しゃな)村および蘂取(しべとろ)村が置かれていました。昭和20年8月15日現在における人口は、四島全体で3,124世帯、1万7,291人です。
また、終戦時、39校の国民学校などにおいて、約3,000人の児童が就学していました。

産業

北方海域は、千島寒流と対馬暖流が交錯しているため豊富な水産資源に恵まれ、古くから世界三大漁場の一つに数えられてきました。
主な水産物は、昆布、さけ、ます、たら、すけそう、たらばがに、なまこなどです。このほか、国後島、択捉島では、林業(針葉樹類)、魚類のふ化事業(さけ、ます)、鉱業(硫黄、金、銀)が、国後島では、畜産業(馬)などが戦前に行われていました。

北方領土元居住者数

北方領土元居住者数 昭和20年8月15日現在
島名 世帯数(単位:世帯) 人口(単位:人)
歯舞群島 水晶島 154 986
秋勇留島 14 88
勇留島 79 501
志発島 374 2,249
多楽島 231 1,457
小計 852 5,281
色丹島 206 1,038
国後島 1,327 7,364
択捉島 739 3,608
3,124 17,291

戦前の風景

大日本恵登呂府の標柱
大日本恵登呂府の標柱
有萌の捕鯨場(択捉島)
有萌の捕鯨場(択捉島)
色丹島 斜古丹湾の漁船
色丹島 斜古丹湾の漁船
択捉島 紗那市街地
択捉島 紗那市街地
国後島 山林軌道
国後島 山林軌道
色丹島 マタコタン港付近のタラ漁場
色丹島 マタコタン港付近のタラ漁場
色丹島の漁民
色丹島の漁民