飯村 由香里 氏(総務省からヤフー株式会社)

※この体験談は、「官民人事交流に関する説明会」での講演内容を、内閣府官民人材交流センターにおいて要約したもので、所属等は説明会時点のものです。


情報通信行政の経験を活かしてインターネットによる課題解決に取り組む

飯村氏の顔写真

 私は、平成28年7月から2年間交流派遣としてヤフー株式会社で勤務しました。
 総務省でも情報通信技術を活用した振興業務等を担当していたこともあり、ある程度知見のあった分野もありましたが、新しい気付きも非常に多く素晴らしい経験となりました。
 ヤフー株式会社では、いくつかの部署を兼務させていただいていたのですが、インターネットを活用した課題解決に取り組むための方策の検討や、総務省での放送関係部局にいた知見も活かして、ネットメディアの品質のあり方などについて議論等をしました。
 官民人事交流で得たことに、官民という異なる環境であっても、人々の生活を向上させるという目的や根本で大事にしている思想は同じだという気付きがありました。ヤフー株式会社ではインターネットを使って課題解決を行う、課題解決エンジンになるといったビジョンがあり、総務省でもICTを活用して国民の生活を便利にする、企業活動を活性化するといった政策目的があります。この気付きを得たことも含め、交流先では働き方も非常に柔軟で、テレワークやペーパーレス、業務の効率化など進んでいる部分を活かし、現在の仕事のテレワークの推進にも交流派遣での成果をつなげています。