第4章 指標の体系化と現行の指標の課題(1.3)

1. 指標の体系化

1.3. 子供の貧困対策の目標及び把握すべき状況の整理

以上を踏まえ、法や大綱における子供の貧困対策の目標を分類整理し、それぞれの目標について把握すべき状況を改めて整理すると、以下のとおりとなる。

図表4-1 子供の貧困対策の目標及び把握すべき状況
(ア)目標
   把握すべき状況
:教育の機会均等
 1 就学等の状況
 2 学習習熟度
(イ)目標
   把握すべき状況
:健やかな成育環境
 1 健康・生活習慣
 2 社会的つながり
 3 保護者の就労状況
 4 所得

このように、把握すべき状況に対応した指標を整理・選定し、体系化を行うことにより、子供の貧困を多面的に捉えることが可能になると考えられる。