横浜FC:寄付付き商品 「フリ丸印のぱん」

「フリ丸印のぱん」:商品画像
「あんぱん」「クリームパン」「カレーパン」のほか、
地元で採れた野菜を使用した「惣菜パン」を予定。


パッケージデザイン(イメージ)


横浜FCのオフィシャルマスコット「フリ丸」

 Jリーグの横浜FC(運営・株式会社横浜フリエスポーツクラブ)が、地元横浜市保土ケ谷区上星川商店会のバニヤンツリーベーカリーと連携して、子供の未来応援基金への寄付付き商品「フリ丸印のぱん」を共同開発しました。
 「フリ丸印のぱん」は、横浜FCのオフィシャルマスコットであるフリ丸の焼印が入った菓子パンや惣菜パンで、横浜FCホームゲームの開催前日に、バニヤンツリーベーカリーのほか保土ケ谷区内の郵便局数か所で販売され、売上金の一部が「子供の未来応援基金」に寄付されます。

フリ丸印のぱん
 価格300円(税込)/個 ~
 販売日(期間):2020年 7月 3日(金)~
横浜 FC ホームゲーム開催日の前日

 横浜FCは、Jリーグが提唱する社会連携活動「シャレン!」の一環として、子供の未来応援国民運動に参画しています。このたびの「フリ丸印のぱん」は、これからの横浜を担っていく「地域の子供たちの未来と夢を応援する」という共通の志のもと、横浜FCのホームタウンである横浜市保土ヶ谷区・上星川商店会のバニヤンツリーベーカリーと連携して実現したものです。

※ 子供の未来応援基金に関する寄付付き商品等の販売を是非御検討ください。
詳しくはこちら