全国の証券会社の支店等において「こどものみらい古本募金」を実施

開始時期

2018年10月4日~

取組概要

 日本証券業協会では、全ての子供たちが希望を持って成長できる社会の実現に向けて、「こどものみらい古本募金」に業界全体で取り組んでいます。
全国の証券会社約1,400店舗(2019年3月末現在)に古本等の回収ボックスを設置し、協力を呼び掛けています。2019年3月末までに合計51,008冊分(寄付額1,152,344円)が基金に寄付されました。

 詳しくは、日本証券業協会ホームページを御覧ください。

実施店舗一覧

 実施店舗一覧はこちらをご覧ください。

御担当者様のコメント

 証券業界では、子供の貧困対策を「未来への投資」と位置づけ、積極的に取り組んでおります。「こどものみらい古本募金」は、証券会社の役職員だけでなく、お客様や地域住民の皆様にもご協力いただいており、我が国の子供の貧困問題について知っていただく良いきっかけにもなっております。機会の公正が不可欠である市場関係者として、証券業界は、今後も子供の貧困問題の解決に向け取り組んで参ります。

日本証券業協会
SDGs推進室長 西村 淑子

実施の様子1

実施の様子2