子供の未来応援国民運動 × タマホーム
- 子供の未来応援基金への募金箱を全国237店舗に設置 -

 子供の未来応援国民運動推進事務局(内閣府、文部科学省、厚生労働省及び独立行政法人福祉医療機構(2017年10月から))においては、いわゆる貧困の連鎖の解消を目指して、国、地方公共団体、民間の企業・団体等による応援ネットワークを形成し、子供の未来応援国民運動(以下「国民運動」という。)の広報・啓発を推進するとともに、子供の未来応援基金への御協力を企業・団体、個人の皆様にお願いしています。

 この度、タマホーム株式会社様に、国民運動の趣旨に御賛同いただき、平成28年6月上旬より、全国237店舗に子供の未来応援基金への募金箱を設置いただけることになりました。
詳細はタマホーム様の報道発表資料(別紙)(PDF形式:388KB)PDFを別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 タマホーム様は、平成27年1月に、理想の数だけ子供を産み育てられる社会の構築を目指す「一般財団法人1more Baby応援団」を設立し、その活動を支援しています。この度、世代を超えた貧困の連鎖を断ち、将来、理想の数だけ子供を産み育てられる人が一人でも増えるように、という思いから、国民運動に協力いただけることとなりました。
 いただいた寄付金は、貧困の状態にある子供の支援活動に草の根で取り組んでいるNPO等の支援に使わせていただきます。

 事務局においては、引き続き、官公民の応援ネットワークを通じて、広報・啓発活動等を一層推進し、国民運動への御理解・御協力について積極的に呼びかけてまいります。