出生数・出生率の推移

出生数及び合計特殊出生率の年次推移

 我が国の年間の出生数は、第1次ベビーブーム期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約210万人であったが、1975(昭和50)年に200万人を割り込み、それ以降、毎年減少し続けた。1984(昭和59)年には150万人を割り込み、1991(平成3)年以降は増加と減少を繰り返しながら、緩やかな減少傾向となっている。2016(平成28)年の出生数は、97万6,978人となり、1899(明治32)年の統計開始以来、初めて100万人を割った。

 合計特殊出生率をみると、第1次ベビーブーム期には4.3を超えていたが、1950(昭和25)年以降急激に低下した。その後、第2次ベビーブーム期を含め、ほぼ2.1台で推移していたが、1975年に2.0を下回ってから再び低下傾向となった。1989(昭和64、平成元)年にはそれまで最低であった1966(昭和41)年(丙午:ひのえうま)の数値を下回る1.57を記録し、さらに、2005(平成17)年には過去最低である1.26まで落ち込んだ。

 近年は微増傾向が続いているが、2016年は1.44 と前年より0.01ポイント下回った。

出生数、合計特殊出生率の推移のグラフ


都道府県別合計特殊出生率の動向

 2016(平成28)年の全国の合計特殊出生率は1.44であるが、47都道府県別の状況を見ると、これを上回るのは36県、下回るのは11都道府県であった。この中で合計特殊出生率が最も高いのは沖縄(1.95)であり、次は島根県(1.75)となっている。最も低いのは、東京都(1.24)であり、次いで北海道(1.29)となっている。

人口動態統計