3.婚姻数の速報値

婚姻数の直近の状況をみると、2006年1月以降は回復傾向が見られる。

(2005年10月の第3次小泉改造内閣の発足により、専任の少子化対策担当大臣を設置。2005年12月より全国10ブロック大臣行脚開始)

婚姻数の推移
(当月を含む過去1年間の累計)

婚姻数の推移

資料:
2003年までは総務省統計局「国勢調査」、「10月1日現在推計人口」、2004年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成14年1月推計)」
注:
1941~1943年は1940年と44年の年齢3区分別人口を中間補間した。1946年~71年は沖縄県を含まない。
直近の婚姻数の推移(千件)
1月2月3月4月1~4月累計
婚姻数2006年 48.6 57.7 79.4 62 247.7
2005年 46.4 52.6 77.8 59.4 236.2
前年同月比 2.3 5.1 1.6 2.6 11.5
出典:
人口動態統計速報