令和2年度「家族の日」「家族の週間」の取組

「家族の日」「家族の週間」

 子供と子育てを応援する社会の実現のためには、子供を大切にし、社会全体で子育てを支え、個人の希望がかなえられるバランスの取れた総合的な子育て支援を推進するとともに、多様な家庭や家族の形態があることを踏まえつつ、生命を次代に伝え育んでいくことや、子育てを支える家族と地域の大切さが国民一人一人に理解されることが必要です。

 内閣府は、2007年度より、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定めて、この期間を中心に地方公共団体、関係府省や関係団体と連携して、様々な啓発活動を展開し、家族や地域の大切さ等について理解の促進を図っています。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、オンラインにより開催し、家族で一緒に楽しめる様々なコンテンツ動画を配信しました。

家族の日オンラインフォーラム2020

 「家族の日オンラインフォーラム2020」は、家族みんなで一緒に楽しむことを通じて、家族の絆、地域の絆を深めてもらうことをコンセプトに、「運動の秋」、「食欲の秋」、「芸術の秋」の三つのプログラムを組み、各テーマにちなんだ出演者を招いて、令和2年度の「家族の日」である11月15日に、初めての試みとしてYouTubeによる動画配信という形で実施しました。
各プログラムの内容は以下のとおりです。「 運動の秋」では、子供も大人も楽しめる軽快な音楽とダンスで体を動かしてもらうため、ミュージック・ユニットのケロポンズによる保育園や幼稚園で人気のあるリズム体操の実演を行いました。「 食欲の秋」では、料理研究家の安井レイコ氏による野菜嫌いな子供でも美味しく楽しめる鍋作りの実演を行いました。「 芸術の秋」では、家族での写真撮影のコツやスマートフォンでの撮影のコツを伝授する写真家の渡部陽一氏による講座を行いました。

「家族の日」「家族の週間」特設ホームページ

 令和2年度は、期間限定で「家族の日」「家族の週間」特設ホームページを新たに開設し、坂本哲志内閣府特命担当大臣(少子化対策)のメッセージ動画を始め、企業や各種団体の取組を紹介しました。

坂本哲志内閣府特命担当大臣(少子化対策)メッセージ

 少子化対策担当大臣の坂本哲志です。内閣府では、多様な家庭や家族の形態があることを踏まえつつ、生命(いのち)を次代に伝え育んでいくことや、子育てを支える家族と地域の大切さを国民一人一人に理解していただくことを目的に、毎年11月の第3日曜日を「家族の日」とし、また、この日を挟んだ前後各1週間を「家族の週間」と定め、様々な広報活動を展開しています。
 本年は、11月15日(日)が「家族の日」、11月8日(日)から21日(土)までが「家族の週間」です。温かい社会の実現のためには、結婚や子育てを通して人生が豊かになったと感じる人が増えるとともに、子供や家族が大事にされる社会の実現に向けて、社会全体で行動を起こしていくことが重要です。政府はもとより、地方自治体、企業、各種団体などの御協力も得ながら、取組を進めていきます。
 11月8日から「家族の絆」、「地域の絆」をテーマに写真コンクールを実施いたします。たくさんの方からの御応募をお待ちしております。また、11月15日には、ケロポンズさんの体操、安井レイコさんの料理、しまじろうのアニメ、渡部陽一さんの写真と多彩なコンテンツを用意し、YouTubeにてオンライン配信をいたしますので、ぜひ、御覧ください。
 このホームページでは、御協力いただいている方々の取組についても御紹介しておりますので、ぜひ、御覧ください。
 最後に、コロナや様々な自然災害等により、今、改めて家族や地域との絆づくりの大切さが認識されております。この、「家族の日」、「家族の週間」が、結婚や子育てに温かい社会につながることを期待しています。

賛同団体・企業(21社)

  • 株式会社赤ちゃん本舗
  • 日本生命保険相互会社
  • 株式会社エムティーアイ
  • ハウス食品グループ本社株式会社
  • オロナミンC
  • パナソニック株式会社
  • 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会
  • 兵庫県芸術家協会
  • キッチン・バス工業会
  • 株式会社フレーベル館
  • 株式会社グランビスタホテル&リゾート 鴨川シーワールド
  • 株式会社ベネッセコーポレーション
  • コンビウィズ株式会社
  • 有限会社モーハウス
  • 清水建設株式会社
  • 株式会社リキッド・デザイン・システムズ
  • 積水ハウス株式会社
  • issue+design
  • タイガー魔法瓶株式会社
  • P&G
  • 株式会社中村商店