応援メッセージ03

結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援
メインビジュアルのイラスト
  • 結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援TOPページヘのリンク
  • 地域少子化対策強化交付金の事例集ページヘのリンク
  • ライフデザインフォーラム「未来のチカラを生み出そう 」ページへのリンク
  • 関連リンク集ページへのリンク
  • 応援メッセージページへのリンク

応援メッセージ

現在子育て中の方や、これから結婚、子育てをする方々に向けて、応援メッセージを寄せていただきました。

応援メッセージをお寄せいただいた方々
左向き矢印
齊藤 英和(さいとう ひでかず)

齊藤 英和(さいとう ひでかず)

国立成育医療研究センター
周産期・母性診療センター 副センター長

妊娠・出産の適齢期は20代。男女ともにライフプランを。

晩婚・晩産化が進み、日本の体外受精などの生殖補助医療の治療数は年間32万件を超えています。しかし、実際に赤ちゃんを授かるのは平均して11%。このことからもわかるように、不妊治療は万能ではありません。私の施設では、治療のために通院されているほとんどの方が30代後半です。個人差はありますが、不妊治療の開始が、20代や30代の前半であれば、赤ちゃんを抱ける確率が格段に上がります。
私は、長年不妊治療に携わってきて、多くの方から「妊娠の適齢期が20代だなんて知らなかった、もっと早くに知っておきたかった」という言葉を聞き、妊娠しやすい時期を多くの人に知ってほしいと思い、啓発活動をしています。
もちろん、結婚も妊娠も、一人ではできませんから、思い通りにならないこともたくさんあると思います。でも、身体に起こる変化を正しく知ったうえで人生設計を行うのと、そうでないのとでは、選択肢の広がりが変わってきます。
どうか、このサイトの中にある「関連リンク集」も活用していただきながら、男女ともに正しい情報を得て、ライフプランを立ててみてください。そして、多くの方が、「ああ、いい人生だったな」と振り返れることを願っています。

右向き矢印

TOPに戻る