応援メッセージ04

結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援
メインビジュアルのイラスト
  • 結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援TOPページヘのリンク
  • 地域少子化対策強化交付金の事例集ページヘのリンク
  • ライフデザインフォーラム「未来のチカラを生み出そう 」ページへのリンク
  • 関連リンク集ページへのリンク
  • 応援メッセージページへのリンク

応援メッセージ

現在子育て中の方や、これから結婚、子育てをする方々に向けて、応援メッセージを寄せていただきました。

応援メッセージをお寄せいただいた方々
左向き矢印
宋 美玄 (そん みひょん)

宋 美玄 (そん みひょん)

川崎医科大学産婦人科 産婦人科医

子どもを持つ幸せは「何かと引きかえじゃないと得られないもの」ではありません

子どもができたら自分の時間が無くなったり、思うように働けなくなったりするんじゃないか。それならば、やりたいことをやりつくしてから妊娠しないといけない。そんな風に考えて「いつかは子どもが欲しいけど、今はちょっと・・・」と思っている人は多いのではないでしょうか。私もそうでした。
 25歳で医者になってひたすら研修医として働き続け、やっと一人前になったのが30歳。その後は世界中を旅行したり登山したり留学したり、「やっておかないといけないこと」をやりつくすことはできないと悟ったのが34歳。
もちろんそれまでに妊娠の機会がなかったこともあるのですが、結局35歳に「もうこれは先延ばしにはできない」と全力投球して運良く妊娠しました。出産して分かったこと、それは子どもを持つ幸せのために何かを捨てる必要はなかったということ。子どもを産んでも働けるし、子連れで遊びに行ったり、家族に預けたり育児サービスを利用して遊びに行ったりできます。むしろ「おつきあい」でそれほど気が進まず参加していたものを断って本当に大切なものだけを選べるようになりました。
もちろん、ある程度のパワーがいることですが、子どもを持ったからと言って、本当にやりたいことを諦める必要はないことが分かりました。
もしも子育ては何かと引きかえにしないとできないものと考えている方がいらっしゃったら、そうじゃないよ、今持っているものを失わず子育てというかけがえのない幸せがプラスされるものだよ、とお伝えしたいです。

右向き矢印

TOPに戻る