「子どもと家族を応援する日本」重点戦略の策定方針について

(平成19年2月6日少子化社会対策会議決定)

1.2030年以降の若年人口の大幅な減少を視野に入れ、制度・政策・意識改革など、あらゆる観点からの少子化対策の効果的な再構築・実行を図るため、
  • 「結婚したいけどできない」という若い人、「子どもを生みたいけど躊躇する」という若い家族を支え、
  • どのような厳しい状況に置かれていても、この社会に生まれたすべての子どもたちが希望を持って人生を歩んでいけるよう、
    すべての子ども、すべての家族を、世代を超えて国民みなで支援する社会の実現を目指すものとして「子どもと家族を応援する日本」重点戦略(以下「戦略」という。)を策定する。
2.戦略の策定に資するため、会長が指名する委員及び有識者による「子どもと家族を応援する日本」重点戦略検討会議(以下「検討会議」という。)を開催する。なお、検討会議の開催に伴い、少子化社会対策推進会議は廃止する。