資料1‐2[7] 時間のフレキシビリティー

  • フレックス・タイム制度
  • 短時間勤務制度(60%・80%)
  • 裁量勤務制度
  • 産前・産後休暇(産前7週間・産後8週間)
  • 育児休暇(出産から子が満2歳まで)
  • 育児時間(1日1時間)
  • 介護休職(1年、再取得可)
  • 看護休暇(年間5日間)
  • 教育休職(原則として2年)
  • ボランティア・サービス休暇(年間12日)
  • ボランティア・サービス休職(原則1年)
  • フレッシュ・アップ休暇(勤続10・15・20・25年)

女性のみ対象