資料1‐2[8] 短時間勤務制度

制度の目的

◆仕事と生活を両立し、能力を十分に発揮できる就業環境の提供

対象者

育児・介護等の事由により、一時的に通常勤務が困難な社員

制度の概要

◆1日の勤務時間を短縮し、週5日勤務

◆週3日・週4日勤務

適用事由が解消された場合は通常勤務へ復帰

処遇

◆給与:勤務時間80%の場合は70%給与、勤務時間60%の場合は50%給与

◆福利・厚生、住宅費補助等は通常勤務者と同等