資料1別添 第1回「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議

資料1別添

平成19年2月9日(金)

17時10分~18時00分

総理大臣官邸2F小ホール

議事次第

  1. 開会
  2. 挨拶
    ○内閣総理大臣
  3. 新人口推計及び今後の人口構造の変化に伴う課題について
    ○厚生労働省政策統括官(社会保障担当)
  4. 検討会議及び分科会等について
    ○内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
  5. 意見交換
  6. 閉会
(分科会資料)(資料) 
資料3-1 資料1-1 将来推計人口(平成18年推計)の概要
資料3-2 資料1-2 人口構造の変化に関する特別部会「議論の倫理」(平成19年1月26日)のポイント
資料1 資料2-1 「子供と家族を応援する日本」重点戦略について
資料2-2 「子供と家族を応援する日本」重点戦略の策定方針について(少子化社会対策会議決定)
資料2-3 「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議の開催について(少子化社会対策会議会長決定)
資料2-4 「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議運営規定
資料4 資料3 19年度少子化社会対策関係予算のポイント
(分科会資料)(参考資料) 
資料3-1
参考資料1
資料1-1 将来推計人口(平成18年12月推計)の概要
「日本の将来推計人口(平成18年12月推計)」
参考資料2 資料1-2 「出生等に対する希望を反映した人口試算」の公表に当たっての人口構造の変化に関する議論の整理
参考資料3 資料1-3 希望反映した人口試算の概要
(2月9日「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議 第1回 尾身大臣提出資料)

第1回「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議

平成19年2月9日(金)

17時10分~18時00分

総理大臣官邸2F小ホール

議事次第

  1. 開会
  2. 挨拶
    ○内閣総理大臣
  3. 新人口推計及び今後の人口構造の変化に伴う課題について
    ○厚生労働省政策統括官(社会保障担当)
  4. 検討会議及び分科会等について
    ○内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
  5. 意見交換
  6. 閉会

(資料)

資料1-1
将来推計人口(平成18年推計)の概要
資料1-2
人口構造の変化に関する特別部会「議論の倫理」(平成19年1月26日)のポイント
資料2-1
「子供と家族を応援する日本」重点戦略について
資料2-2
「子供と家族を応援する日本」重点戦略の策定方針について(少子化社会対策会議決定)
資料2-3
「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議の開催について(少子化社会対策会議会長決定)
資料2-4
「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議運営規定
資料3
19年度少子化社会対策関係予算のポイント

(参考資料)

参考1-1
将来推計人口(平成18年12月推計)の概要
「日本の将来推計人口(平成18年12月推計)」
参考1-2
「出生等に対する希望を反映した人口試算」の公表に当たっての人口構造の変化に関する議論の整理
参考1-3
希望反映した人口試算の概要
(2月9日「子供と家族を応援する日本」重点戦略検討会議 第1回 尾身大臣提出資料)

(2月9日「子どもと家族を応援する日本」重点戦略検討会議 第1回 尾身大臣提出資料)

家族関係給付と高齢関係給付と国民負担率の国際比較
 日本アメリカイギリスドイツフランススウェーデン
家族関係の社会支出(%)
(対GDP比)(2003年)
0.75 0.70 2.44 2.36 3.02 3.54
合計特殊出生率
(2005年。ただし、米独は2004年、仏は2006年)
1.26
(確定値)
2.05 1.79 1.36 2.00 1.77
高齢関係の社会支出(%)
(対GDP比)(2003年)
8.69 5.46 6.40 9.52 10.55 10.11
高齢化率(65歳以上の人口比)
(2000年)
17.4 12.3 15.8 16.4 16.0 17.4
国民負担率(%) (対国民所得比)
(日本は2007年度見通し、諸外国は2004年実績)
39.7 31.9 47.5 51.3 61.0 70.2
高齢関係の社会支出は、OECD基準により老人保健医療などを含まない。