テーマ:「働き方の見直し」について

資料1

検討事項
項目課題
1.企業の取組の推進 ○企業の行動計画の自主的公表など、先進企業の取組事例や参考情報について、効果的な情報提供の在り方はどのようなものか。
○企業内において経営者や管理職層に対する啓蒙・啓発を進めるにはどのような方法が有効か。
○企業が次世代育成に積極的に取り組むため、どのようなインセンティブが効果的か。
○中小企業(従業員300人以下の企業)における、行動計画の策定・推進を進めるための効果的な働き掛け方は何か(様々な支援策の周知策も含め)。
2.育児休業の取得促進等、勤労者に対する子育て支援 ○育児休業や短時間勤務制度の取得が当たり前の風土づくりのため、企業においてどのような取組が必要か。(特に、男性が女性とともに育児を担うためにはどのような働き方の見直しを進めたらよいのか。)
○整備された企業内の制度の利用を促進していくにはどうすればよいか。
○両立支援に取り組む企業に対する効果的な支援の方策はどのようなものか。
3.仕事と生活の調和のとれた働き方の実現 ○仕事と生活の調和のとれた働き方を、わが国経済社会で広く普及、定着していくためにはどのような取組が必要か。
○育児をはじめ労働者個々人の生活等に配慮した労働時間、休日、休暇の設定のための企業内での取組をどのように推進していくか。
○パートタイム労働法や同法の指針に基づく、パートタイム労働者(短時間労働者)と通常の労働者(正社員)との均衡を考慮した処遇をどのように推進していくか。
4.女性の再就職等の支援策の推進 ○子育て中の女性が再就業に必要な情報やサービスを利用しやすくするための方策は何か。
○企業における再チャレンジを目指す女性の積極的な採用を進めるための方策は何か。
○再チャレンジに向けて準備を行っている段階でも、保育サービス等両立支援策を利用しやすくするための方策は何か。
○NPOやコミュニティビジネス等就業以外の分野における再チャレンジを推進するための方策は何か。