資料1

資料1

テーマ:「地域や家族の多様な子育て支援」について

検討事項
項目課題
1.すべての子育て家庭への支援と地域の子育て支援の強化 ○ 働いている、いないにかかわらず、すべての子育て家庭が安心して子育てをするためには、どのような支援策が必要か。現行の施策で改善が必要なものについては、どのように改善すればよいのか。
○ 個別の家庭の多様なニーズに対して、的確な支援が行き届くためにはど うすればよいのか。このような観点から、現在行っている子育て支援センターやファミリー・サポート・センター等の施策について、地域の子育て支援の充実の観点からさらに機能を高めていくには、何が必要か。
○ 親の育児力、地域の育児力を向上させていくためには、どのような取組が効果的か。また、高齢者や学生等、地域の人材活用をどのように進めたらよいか。
○ 行政と民間団体、専門家と地域住民の活動が連携、協働し、様々な支援が総合的につながる体制づくりをどのように進めていくか。
2.待機児童ゼロ作戦の推進等、保育サービスの拡充 ○待機児童を解消するためにはさらにどのような対策が必要か。
○働き方の見直しを図りつつ、保育時間延長等の多様な保育ニーズに応えていくためにどのように対応したらよいか。
○これらの課題に取り組む上で、新たに制度化される「認定こども園」や家庭的保育事業、事業所内保育施設、地方公共団体独自の取組(認証保育所等)等の様々な主体による取組と資源をどのように活用していくか。
3.放課後児童対策 ○需要が増大する児童クラブをどのように拡充していくのか。
○地域子ども教室等の地域の大人たちの参加による子どもの居場所づくりや全児童対策をどのように進めていくべきか。
○全児童対策の実施が求められる一方で、時間延長等放課後児童対策のニーズが多様化する中で、求められるサービスの内容や質を確保しつつ、どのような資源を活用して、対応していけばよいか。