2.分野別にみた子育て費用(18歳未満)

[目次]  [戻る]  [次へ]


(1)分野別にみた子育て費用総額

分野別に子育て費用総額(18歳未満)をみると、「教育費(学校教育費・学校外学習費)」に最も費用がかかっており、公費負担の額も多い。2002年度では教育費負担は20.3兆円となっている。次いで、「その他生活費」(12.7兆円)、「家庭内育児労働費用」(8.1兆円)となっているが、これらはすべて私費負担のものである。

図表 6 分野別にみた子育て費用総額(18歳未満)(CSV形式:1KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表 6 分野別にみた子育て費用総額(18歳未満)の画像

図表1へ

費用項目(単位:兆円) 1997年度 2002年度
公費負担 私費負担 合計 公費負担 私費負担 合計
手当・一時金等※ 1.0 0.0 1.0 1.5 0.0 1.5
児童福祉サービス費 1.6 0.3 1.9 2.1 0.4 2.5
医療費、妊娠・出産費 1.8 0.9 2.7 2.1 1.0 3.0
教育費(学校教育費・学校外学習費) 13.0 8.3 21.3 12.9 7.4 20.3
租税支出(扶養控除、社会保険料免除)※ 1.9 0.0 1.9 1.5 0.0 1.5
その他生活費 0.0 13.9 13.9 0.0 12.7 12.7
家庭内育児労働費用 0.0 6.8 6.8 0.0 8.1 8.1

(2)分野別・年齢別にみた子育て費用

分野別・年齢別に子育て費用(18歳未満)をみると、0~5歳については「家庭内育児労働費用」、「その他生活費」の私費負担が大きく、公費負担では「児童福祉サービス費」、「手当・一時金等」、「医療費、妊娠・出産費」が多くなっている。6歳以上になると「教育費(学校教育費・学校外学習費)」が突出して費用がかかっており、次いで「その他生活費」が多くなっている。

図表 7 分野別・年齢(3段階)別にみた子育て費用総額(18歳未満)(CSV形式:2KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表 7 分野別・年齢(3段階)別にみた子育て費用総額(18歳未満)の画像


[目次]  [戻る]  [次へ]