第2章 9.(1)「家族の日」「家族の週間」認知状況

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2章 調査結果の概要

9.地域の絆について

(1)「家族の日」「家族の週間」認知状況

Q52 内閣府では、子育てを共に支え合う家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を社会全体で再認識するために、平成19年(2007年)度から、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後1週間を「家族の週間」と定めています。あなたは、11月の第3日曜日が「家族の日」、その前後1週間が「家族の週間」だと知っていましたか。(ひとつだけ)

Q52 回答集計グラフ

 回答者全員に対して、「家族の日」および「家族の週間」の認知を聞いたところ、「家族の日」の認知者は4.5%、「家族の週間」の認知は2.6%であり、どちらかを認知している人の計は5.5%と、ほとんど知られていない。
 男女別にみても、大きな差はみられない。
 性・年代別にみても、差はみられない(図表9-1-1)。
図表9-1-1 「家族の日」「家族の週間」認知状況(性・年代別)

 性・ライフステージ別にみると、男女とも子どものいる人で若干認知が高い傾向にある(図表9-1-2)。
図表9-1-2 「家族の日」「家族の週間」認知状況(ライフステージ別)

[目次]  [戻る]  [次へ]