第2章 なぜ少子化が進行しているのか

[目次]  [戻る]  [次へ]


第1節 少子化の原因

○ わが国において少子化はなぜ進行してきたのだろうか。少子化の原因やその背景にある要因について、これまで様々な指摘がなされてきたが、これらの中で主な事項を取り上げ、最近のデータを基に分析する。本章全体の分析を整理すると、図(少子化フローチャート)のとおりである。
第1‐2‐1図 少子化フローチャート

1 晩婚化・未婚化の進展

○ 1980年代以降、25~34歳の未婚率が上昇しており、2000(平成12)年では、男性の場合、25~29歳では69.3%、30~34歳では42.9%、女性の場合、25~29歳では54.0%、30~34歳では26.6%となっている。
 わが国では、子どもは結婚により生まれてくる場合が大半であるので、未婚化の進展が少子化につながっている。
 1970年代から2000年までの間に晩婚化の進展の速度が速くなっている。晩婚化により出生年齢が上がり、少子化につながる。
 生涯未婚率も近年上昇し、2000年では男性12.6%、女性5.8%となっており、国民のすべてが結婚するという「皆婚社会」が崩れつつある。
○ 未婚の理由としては、「適当な相手にめぐり合わない」、「必要性を感じない」、「自由や気楽さを失いたくない」、「結婚資金が足りない」があげられている。
第1‐2‐4図 年齢別未婚率の推移


2 夫婦の出生力の低下

○ 「第12回出生動向基本調査」(2002(平成14)年)によれば、「理想子ども数」(理想的な子どもの数)と「予定子ども数」(実際に持つつもりの子どもの数)を結婚持続期間が0~4年の夫婦に尋ねると、理想子ども数(2.31人)、予定子ども数(1.99人)とも、上の世代より少ない。近年の出生動向とあいまって、若い夫婦の出生力の低下傾向がうかがえる。
第1‐2‐9図 結婚持続期間別にみた、平均理想子ども数と平均予定子ども数

[目次]  [戻る]  [次へ]