第3節 今後どのように人口は推移するのか

[目次]  [戻る]  [次へ]

○国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(平成14年1月推計)の中位推計によると、今後、わが国の人口は、2006(平成18)年にピークを迎えた後、減少に転じ、2050年には10,059万人と、現在(2004年)よりも約2,700万人減少し、1967(昭和42)年当時の水準に戻ることが予想されている。

○同じ1億人でも、1967年当時は日本人の中位数年齢(人口を年齢順に並べて数え、ちょうど真ん中に当たる年齢)は30歳、高齢化率は6%台と「若い国」であったのに対し、2050年には、中位数年齢は53歳、高齢化率は約36%と、世界的に見ても大変「年老いた国」へと変貌するとみられる。

○さらに、この人口推計における参考推計では、2100年には約6,400万人(中位推計)と、現在の総人口から6,000万人もの人口が減少するという「人口半減社会」を迎えることが予想されている。

○人口規模で見た世界での順位も、2000年の第9位から2050年には15位に後退することが予想されている。

コラム 中世以降の日本の人口の変化

 歴史人口学では、日本の人口は、平安時代末期(1150年)には約680万人、慶長時代(1600年)には約1,220万人、江戸時代には、17世紀に人口が増加し、18世紀以降、おおむね3,100万人から3,300万人台で推移したと考えられている。明治以降の伸びはめざましく、明治元(1868)年には3,400万人、明治45(1912)年には5,000万人を超え、昭和42(1967)年には1億人の大台に到達した。現在(2004年)の人口(約1億2,800万人)は、明治元年の人口の約3.8倍となっているが、将来推計では2100年には、約6,400万人から約4,600万人と予測されている。日本の歴史上、これほど急激な人口減少を経験することはない。

第1‐1‐20図 日本の長期人口趨勢


[目次]  [戻る]  [次へ]