第3章 地方自治体における取組

[目次]  [戻る]  [次へ]

第1節 少子化対策における地方自治体の役割

1 地方自治体の役割の重要性

○少子化対策において地方自治体(都道府県及び市町村)の役割は、極めて重要である。その理由は、子育て支援施策の多くが地方自治体、特に市町村を中心に実施されていること、あわせて、地方自治体にとって、少子高齢化が進展し、既に人口減少社会を迎えている地域が多く存在するなど、地域の少子化傾向に歯止めをかけることが地域社会の活力の維持や発展のために不可欠だからである。

2 次世代育成支援のための行動計画

○次世代育成支援対策推進法に基づき、全都道府県及び全市町村に次世代育成支援のための行動計画の策定が義務付けられた。行動計画の策定にあたってはニーズ調査を実施するなど住民の意見を反映するとともに、計画を公表し、また、各年度において実施状況を把握、点検しつつ、実施状況も公表することとなっている。

[目次]  [戻る]  [次へ]