第5節 妊娠・出産しても安心して働き続けられる職場環境の整備を進める

[目次]  [戻る]  [次へ]

○「男女雇用機会均等法」(昭和47年法律第113号)においては、事業主が、妊娠し、出産し、産前産後休業を取得したことを理由として、女性労働者を解雇することを禁止しており、同法に違反する事業主に対し、指導を行い、是正を図っている。

[目次]  [戻る]  [次へ]