第7節 特に支援を必要とする家庭の子育て支援を推進する

[目次]  [戻る]  [次へ]


1 母子家庭等の自立支援

○「子ども・子育て応援プラン」では、今後5年間を目標として、母子家庭等就業・自立支援センターを全都道府県・指定都市・中核市に設置すること、地方公共団体が指定する教育訓練講座を受講し、修了した母子家庭の母に対し、その経費の一部を支給する自立支援教育訓練給付金事業を全都道府県・市等で実施すること等を目標として定め、母子家庭等の総合的な自立に向けた支援を推進していくこととしている。

2 障害児及びその家族への支援

○障害のある児童につき、肢体不自由児施設、知的障害児施設その他の施設に通わせ、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行う「障害児通園(デイサービス)事業」や、保護者の疾病その他の理由により家庭において介護を受けることが一時的に困難となった障害のある児童につき、施設等に短期間の入所をさせ、必要な保護を行う「障害児(者)短期入所事業」を行っている。

3 小児慢性特定疾患対策

○小児慢性特定疾患の治療研究事業を行い、もってその研究を推進し、その医療の確立と普及を図り、併せて患者家庭の医療費の負担軽減にも資することを目的とし、小児慢性特定疾患治療研究事業を実施している。

[目次]  [戻る]  [次へ]