平成17年版 少子化社会白書(概要版<HTML形式>)

この報告は、少子化社会対策基本法(平成15年法律第133号)第9条に規定する「少子化の状況及び少子化に対処するために講じた施策の概況に関する報告書」であり、政府が毎年国会に提出しなければならないとされているものである。
まず、第1部において、わが国の少子化対策の現状と課題について、最近の少子化の状況、国や企業におけるこれまでの少子化対策の取組、地方自治体における取組、海外の少子化対策、今後の方向について説明している。 第2部では、平成16年度から平成17年度前半にかけて講じた少子化社会対策について、「少子化社会対策大綱」(平成16年6月4日閣議決定)における「4つの重点課題」及び「重点課題に取り組むための28の行動」の項目に従い整理し、説明している。


第1部 少子化対策の現状と課題

第1章 少子化の状況

第2章 少子化対策に関するこれまでの取組

第3章 地方自治体における取組

第4章 海外の少子化対策

第5章 少子化対策の今後の方向

第2部 少子化社会対策の具体的実施状況

第1章 若者の自立とたくましい子どもの育ち

第2章 仕事と家庭の両立支援と働き方の見直し

第3章 生命の大切さ、家庭の役割等についての理解

第4章 子育ての新たな支え合いと連帯

<参考>