2 人口の変化

[目次]  [戻る]  [次へ]


(1)人口総数、増加率の推移

 
(人)
(%)
   総数 前回の調査人口に対する増加率
1920 (大正9)
55,963,053
25 (14)
59,736,822
6.7
30 (昭和5)
64,450,005
7.9
35 (10)
69,254,148
7.5
40 (15)
73,114,308
5.6
45 (20)
71,998,104
▲ 0.7
50 (25)
84,114,574
15.6
55 (30)
90,076,594
7.1
60 (35)
94,301,623
4.7
65 (40)
99,209,137
5.2
70 (45)
104,665,171
5.5
75 (50)
111,939,643
7.0
80 (55)
117,060,396
4.6
85 (60)
121,048,923
3.4
90 (平成2)
123,611,167
2.1
95 (7)
125,570,246
1.6
2000 (12)
126,925,843
1.1
1 (13)
127,290,749
0.3
2 (14)
127,435,350
0.1
3 (15)
127,619,474
0.1
4 (16)
127,686,608
0.1

(2)年齢3区分別人口比率の推移

 
(人)
(%)
人口
人口比率
15歳未満 15~64歳 65歳以上 15歳未満 15~64歳 65歳以上
1920 (大正9)
20,416,202
32,605,495
2,941,356
36.5
58.3
5.3
25 (14)
21,924,045
34,791,714
3,021,063
36.7
58.2
5.1
30 (昭和5)
23,579,265
37,806,865
3,063,875
36.6
58.7
4.8
35 (10)
25,545,167
40,484,022
3,224,959
36.9
58.5
4.7
40 (15)
26,368,708
43,251,699
3,453,702
36.1
59.2
4.7
45 (20)
26,477,086
41,820,903
3,700,115
36.8
58.1
5.1
50 (25)
29,786,412
50,168,312
4,155,180
35.4
59.6
4.9
55 (30)
30,122,897
55,166,615
4,786,199
33.4
61.2
5.3
60 (35)
28,434,159
60,469,355
5,397,980
30.2
64.1
5.7
65 (40)
25,529,230
67,444,242
6,235,614
25.7
68.0
6.3
70 (45)
25,152,779
72,119,100
7,393,292
24.0
68.9
7.1
75 (50)
27,220,692
75,807,317
8,865,429
24.3
67.7
7.9
80 (55)
27,507,078
78,834,599
10,647,356
23.5
67.3
9.1
85 (60)
26,033,218
82,506,016
12,468,343
21.5
68.2
10.3
90 (平成2)
22,486,239
85,903,976
14,894,595
18.2
69.5
12.0
95 (7)
20,013,730
87,164,721
18,260,822
15.9
69.4
14.5
2000 (12)
18,472,499
86,219,631
22,005,152
14.6
67.9
17.3
1 (13)
18,283,445
86,138,777
22,868,527
14.4
67.7
18.0
2 (14)
18,101,750
85,705,705
23,627,895
14.2
67.3
18.5
3 (15)
17,904,805
85,404,056
24,310,613
14.0
66.9
19.0
4 (16)
17,733,603
85,076,596
24,876,409
13.9
66.6
19.5
注1: 総務省「国勢調査」、「人口推計」による。
2: 1945年は沖縄県は調査されなかったため、人口総数に含まれていない。
3: 1945、50年の増加率は、それぞれ40、50年の結果数値から沖縄県を除いて算出。
4: 1940年の年齢3区分別人口は、朝鮮、台湾、樺太及び南洋群島以外の国籍の外国人(39,237人)を除く。
5: 1945年の年齢3区分別人口及びその比率は、それぞれ「16歳未満」、「16~65歳」、「66歳以上」。年齢は数え年である。
6: 年齢3区分別人口及び比率は年齢不詳を除いてあるため、3区分別人口合計が総数に一致しないことがあり、また、比率の合計が100にならないことがある。
7: 1920~2000年は「国勢調査」、2001~2004年は「人口推計」による。

[目次]  [戻る]  [次へ]