2 人口の変化

[目次]  [戻る]  [次へ]


(1)人口総数、増加率の推移

 
(人)
(%)
総数
前回の調査人口に対する増加率
1920 <大正9>
55,963,053
25 < 14>
59,736,822
6.7
30 <昭和5>
64,450,005
7.9
35 < 10>
69,254,148
7.5
40 < 15>
73,114,308
5.6
45 < 20>
71,998,104
▲ 0.7
50 < 25>
84,114,574
15.6
55 < 30>
90,076,594
7.1
60 < 35>
94,301,623
4.7
65 < 40>
99,209,137
5.2
70 < 45>
104,665,171
5.5
75 < 50>
111,939,643
7.0
80 < 55>
117,060,396
4.6
85 < 60>
121,048,923
3.4
90 <平成2>
123,611,167
2.1
95 < 7>
125,570,246
1.6
2000 < 12>
126,925,843
1.1
1 < 13>
127,290,749
0.3
2 < 14>
127,435,350
0.1
3 < 15>
127,619,474
0.1
4 < 16>
127,686,608
0.1
5 < 17>
127,767,994
0.1

(2)年齢3区分別人口、比率の推移

 
(人)
(%)
人口
人口比率
15歳未満
15~64歳
65歳以上
15歳未満
15~64歳
65歳以上
1920 <大正9>
20,416,202
32,605,495
2,941,356
36.5
58.3
5.3
25 < 14>
21,924,045
34,791,714
3,021,063
36.7
58.2
5.1
30 <昭和5>
23,579,265
37,806,865
3,063,875
36.6
58.7
4.8
35 < 10>
25,545,167
40,484,022
3,224,959
36.9
58.5
4.7
40 < 15>
26,368,708
43,251,699
3,453,702
36.1
59.2
4.7
45 < 20>
26,477,086
41,820,903
3,700,115
36.8
58.1
5.1
50 < 25>
29,786,412
50,168,312
4,155,180
35.4
59.6
4.9
55 < 30>
30,122,897
55,166,615
4,786,199
33.4
61.2
5.3
60 < 35>
28,434,159
60,469,355
5,397,980
30.2
64.1
5.7
65 < 40>
25,529,230
67,444,242
6,235,614
25.7
68.0
6.3
70 < 45>
25,152,779
72,119,100
7,393,292
24.0
68.9
7.1
75 < 50>
27,220,692
75,807,317
8,865,429
24.3
67.7
7.9
80 < 55>
27,507,078
78,834,599
10,647,356
23.5
67.3
9.1
85 < 60>
26,033,218
82,506,016
12,468,343
21.5
68.2
10.3
90 <平成2>
22,486,239
85,903,976
14,894,595
18.2
69.5
12.0
95 < 7>
20,013,730
87,164,721
18,260,822
15.9
69.4
14.5
2000 < 12>
18,472,499
86,219,631
22,005,152
14.6
67.9
17.3
1 < 13>
18,283,445
86,138,777
22,868,527
14.4
67.7
18.0
2 < 14>
18,101,750
85,705,705
23,627,895
14.2
67.3
18.5
3 < 15>
17,904,805
85,404,056
24,310,613
14.0
66.9
19.0
4 < 16>
17,733,603
85,076,596
24,876,409
13.9
66.6
19.5
5 < 17>
17,521,234
84,092,414
25,672,005
13.7
65.8
20.1
注1:総務省「国勢調査」、「人口推計」による。
 2:1945年は沖縄県は調査されなかったため、人口総数に含まれていない。
 3:1945、50年の増加率は、それぞれ40、50年の結果数値から沖縄県を除いて算出。
 4:1940年の年齢3区分別人口は、朝鮮、台湾、樺太及び南洋群島以外の国籍の外国人(39,237人)を除く。
 5:1945年の年齢3区分別人口及びその比率は、それぞれ「16歳未満」、「16~65歳」、「66歳以上」。年齢は数え年である。
 6:年齢3区分別人口及び比率は年齢不詳を除いてあるため、3区分別人口合計が総数に一致しないことがあり、また、比率の合計が100にならないことがある。
 7:1920~2000年は「国勢調査」、2001~2004年は「人口推計」による。
(CSV形式:3KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

[目次]  [戻る]  [次へ]