第2部 少子化対策の具体的実施状況(第2章 第1節 1)

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2章 きめ細かな少子化対策の推進(第1節 1)

第1節 結婚、妊娠・出産、子育ての各段階に応じた支援(1)

1 結婚

ライフデザイン構築のための支援

結婚、妊娠・出産、子育て、仕事を含めた将来のライフデザインを希望どおり描けるようにするためには、その前提となる知識・情報を適切な時期に知ることが重要である。情報提供の一環として、地方公共団体の結婚・妊娠・出産・育児支援の取組の事例集作成、妊娠・出産に関する医学的・科学的に信頼できる情報の関連リンク集の作成等を行い、ホームページに掲載している。

「ニッポン一億総活躍プラン」(2016(平成28)年6月2日閣議決定)に基づき、内閣府、文部科学省及び厚生労働省が連携しながら、高校生のキャリア形成支援教材「高校生のライフプランニング」を作成し、2018(平成30)年11月に地方公共団体等に周知を図った。

「家族の日」「家族の週間」等を通じた理解促進

子供と子育てを応援する社会の実現のためには、子供を大切にし、社会全体で子育てを支え、個人の希望がかなえられるバランスの取れた総合的な子育て支援を推進するとともに、多様な家庭や家族の形態があることを踏まえつつ、生命を次代に伝え育んでいくことや、子育てを支える家族と地域の大切さが国民一人一人に理解されることが必要である。

内閣府は、2007(平成19)年度より、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定めて、この期間を中心に地方公共団体、関係府省や関係団体と連携して、様々な啓発活動を展開し、家族や地域の大切さ等について理解の促進を図っている。(第2-2-1図)

第2-2-1図 「家族の日」「家族の週間」

具体的には、フォーラムの開催や作品コンクールを通じて普及・啓発活動を実施している。フォーラムは、地方公共団体などの協力を得て、家族や地域の大切さを呼び掛けるため、「家族の日」に開催しており、2018(平成30)年度は、宮崎県宮崎市で開催した。フォーラムでは、有識者による基調講演やパネルディスカッション等を行ったほか、関係省庁の施策や関係団体の取組を紹介するコーナーを設け、子供を大切にし、子育てを社会全体で支える意識の醸成を図った。

「家族の日フォーラム」(於:宮崎県MRTミックダイヤモンドホール)

また、作品コンクールについては、子育てを支える家族や地域の大切さの意識の高揚を図ることを目的として、家族や地域の大切さに関する「写真」と「手紙・メール」を公募し、優秀な作品を表彰している。2018年度は、「写真」について、「<1>子育て家族の力」、「<2>子育てを応援する地域の力」の2テーマで、「手紙・メール」について、小学生、中学生・高校生、一般の3区分で募集したところ952作品の応募があり、厳正な審査を経て受賞者を決定し、最優秀賞受賞者の表彰式を宮腰内閣府特命担当大臣(少子化対策)室において行った。

「家族や地域の大切さに関する作品コンクール」表彰式(於:宮腰内閣府特命担当大臣室)
[目次]  [戻る]  [次へ]