第2部 少子化対策の具体的実施状況(第1章)

[目次]  [戻る]  [次へ]

少子化社会対策大綱(2020年5月29日閣議決定)の柱立てに基づき、少子化対策関連施策の具体的実施状況について、2020年度に講じたものを中心に記載

第1章 重点課題

第1節 結婚・子育て世代が将来にわたる展望を描ける環境をつくる

1 若い世代が将来に展望を持てる雇用環境等の整備

2 結婚を希望する者への支援

3 男女共に仕事と子育てを両立できる環境の整備

4 子育て等により離職した女性の再就職支援、地域活動への参画支援

5 男性の家事・育児参画の促進

6 働き方改革と暮らし方改革

第2節 多様化する子育て家庭の様々なニーズに応える

1 子育てに関する支援(経済的支援、心理的・肉体的負担の軽減等)

2 多子世帯、多胎児を育てる家庭に対する支援

3 妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援

4 子育ての担い手の多様化と世代間での助け合い

第3節 地域の実情に応じたきめ細かな取組を進める

1 結婚、子育てに関する地方公共団体の取組に対する支援

2 地方創生と連携した取組の推進

第4節 結婚、妊娠・出産、子供・子育てに温かい社会をつくる

1 結婚を希望する人を応援し、子育て世帯をやさしく包み込む社会的機運の醸成

2 妊娠中の方や子供連れに優しい施設や外出しやすい環境の整備

3 結婚、妊娠・出産、子供・子育てに関する効果的な情報発信

第5節 科学技術の成果など新たなリソースを積極的に活用する

1 結婚支援・子育て分野におけるICTやAI等の科学技術の成果の活用促進

[目次]  [戻る]  [次へ]