軽い気持ちで買ってみたら…

漫画「軽い気持ちで買ってみたら…」

解説

わんドク「危険ドラッグは、覚醒(せい)剤や麻薬などと似たような作用をもたらす、とてもこわい薬物なんだよ。」 男「でも、持っているだけなら罰せられないんだろ?」 わんドク「健康被害が認められているものは、医薬品医療機器等法(注)で「指定薬物」になっているんだ。持っているだけでも罪になるんだよ!」

注:医薬品医療機器等法

平成26年11月25日施行の「薬事法等の一部を改正する法律」により、「薬事法」の名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)に改められています。

怪しい人「いひひ…新しく薬物を合成して次々新しい製品ができるのさ」 にゃんナース「だまされないで!」 新しく合成されたものが次々と出回っている!

わんドク「法律で規制されていないからといって油断は禁物!新しいものが次々と出回っていて、今はまだ規制されていないだけなんだ。」 男「どんな成分が入っているかわからないんだな…それはコワイな…」

わんドク・にゃんナース「そうなんだ!覚醒剤や麻薬と同じ、または、それ以上に危険だと思った方がいいんだよ。」

パッケージや商品名に惑わされちゃダメ!注意書きにもだまされないように <注意書き例>「日本国で規制されている成分は一切含有しておりませんのでご安心下さい。」「当商品は医薬品医療機器等法対象成分は含まれてません。」「人体には絶対に摂取しないでください。」 わんドク「違法な成分が含まれていたら…持っているだけで犯罪になるぞ!」 にゃんナース「この言葉はウソです!」

次のマンガへ