内閣府子ども・若者通信~よりそい~ Vol.15

発行:内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室
平成26年1月27日 発行

※このメールマガジンは、子ども若者・子育て施策総合推進室青少年担当から、
子ども・若者施策に関する様々な情報を配信しています。

当面は3か月に1回程度、配信します。
配信停止希望の方は、お手数ですがメール最下部の停止方法をご覧ください。

目次

1.【はじめに】『内閣府子ども・若者通信~よりそい~』Vol.15号について

平素より内閣府の子ども・若者施策に御理解・御協力をいただき、誠に有り難うございます。

本メールマガジン『内閣府子ども・若者通信~よりそい~』Vol.15号につきましては、フォーラム・シンポジウムや各事業等の開催案内・実施報告等が重なり、配信内容が多くなりました。

長文とはなりますが、最後までご高覧いただければ幸いです。

2.【施策情報】「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行されました

「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が昨年6月に成立し、平成26年1月17日に施行されました。政府は、この法律の目的・基本理念の下、子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのない社会実現のため、国や地方公共団体相互の連携を図り、子どもの貧困対策を総合的に推進していきます。

■ 法律の詳細につきましては、以下の内閣府HPを御覧ください。
子どもの貧困対策の推進へ

3.【募集情報】第12回「NPOマネジメントフォーラム」受講生募集

第12回「NPOマネジメントフォーラム」は、日本とデンマーク、ニュージーランド、英国の高齢者・障害者・青少年分野の専門家・活動実践者による合宿型のディスカッション・プログラムの中で、非営利セクターにおいて青年層がどのようにリーダーシップを取っていけるかについて議論します。

  1. 日時 平成26年2月27日(木)~3月2日(日)
  2. 場所 国立オリンピック記念青少年総合センター及び都内施設
  3. 参加費 無料(期間中の食費、宿泊費、移動費は主催者が負担します)

※募集は終了しました

4.【開催案内】青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムを開催します

スマートフォンなど多様なインターネット接続端末の登場により、青少年のインターネット利用環境が急速に変化していることから、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするため、国、地方公共団体、民間団体が連携して、全国8カ所でフォーラムを開催します。

  • 福岡県福岡市/パピヨン24 平成26年1月31日(金)・2月1日(土)
  • 広島県広島市/広島YMCA国際文化センター 平成26年2月7日(金)・2月8日(土) (※会場が変更になりました。(10月24日))

※参加費:無料(事前申込みが必要となります。)

■ 詳細につきましては、以下の内閣府HPを御覧ください。
青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムへ

5.【実施報告】平成25年度「子ども・若者育成支援強調月間」(11月)について

子ども・若者育成支援に関する国民運動の一層の充実や定着を図ることを目的として、毎年11月を「子ども・若者育成支援強調月間」と定め、関係省庁、地方公共団体及び関係団体とともに、諸事業、諸活動を集中的に実施しています。今年度の関係機関における月間中の取組状況については、その結果を取りまとめ、後日内閣府HPで公表する予定です。

内閣府においても、今年度は「いのち輝く みんなの未来」をスローガンとして、様々な関連事業を実施しました。「応援団表彰」等のほか、「児童ポルノ排除対策公開シンポジウム」、「フォーラム~子ども・若者育成支援と貧困問題~」などを開催し、それぞれ多くの方々にご参加いただきました。

これからも、幅広く国民の皆様に各種活動にご参加いただき、子ども・若者育成支援活動を全国的に盛り上げてまいります。

6.【開催報告】平成25年度「子どもと家族・若者応援団表彰」等について

子ども・若者の健やかな成長に資することを目的に、子ども・若者を育成支援する活動及び子育てと子育てを担う家族を支援する活動に取り組み顕著な功績があった企業、団体又は個人を表彰しているほか、優れた活動を広く社会に紹介しています。

また、併せて、社会貢献活動を行っている青少年自身の取組について、顕著な功績があった団体又は個人を表彰しています。

平成25年度については、11月に総理官邸で表彰式を行いましたので、お知らせします。

■ 子どもと家族・若者応援団表彰
子どもと家族・若者応援団表彰へ

■ 社会貢献青少年表彰
社会貢献青少年表彰へ

■ 子ども若者育成・子育て支援活動事例紹介事業(チャイルド・ユースサポート章)
子ども若者育成・子育て支援活動事例紹介事業へ

7.【開催報告】「フォーラム~子ども・若者育成支援と貧困問題」を開催しました

平成25年12月1日に『フォーラム~子ども・若者育成支援と貧困問題』を開催しました。(平成25年度子ども・若者育成支援強調月間関連事業)

民間団体職員の方々や行政関係者など、約150名が来場しました。

ご登壇いただいたパネリストの方々から、子ども・若者支援現場の実情や未来を担う子ども・若者の将来が生まれ育った環境によって左右されないために必要な支援について討議いただきました。会場からも多くのご意見をいただきました。

※開催記録(議事録等)につきましては、2月上旬頃に内閣府HPへ掲載する予定です。

8.【地域取組】「京都府家庭支援総合センター」~現地訪問レポート

「京都府家庭支援総合センター」を訪問し、「非行少年等立ち直り支援チーム(ユース・アシスト)」についてご教示頂きました。

同チームでは、学校や警察、児童相談所等関係機関から紹介された少年や、家庭裁判所に係属中の少年を対象に、関係機関が一体となって支援方針を検討した上で、地元企業・民間団体の協力を得て体験活動等を実施しております。

こうした取組の結果、多くの少年が非行を脱し、高校進学や本格的な就労など、社会参加に至っているとのことです。

■ 京都府家庭支援総合センター
京都府家庭支援総合センターへ 別ウィンドウで開きます

■ 少年の立ち直り(ユース・アシスト)
少年の立ち直り(ユース・アシスト)へ 別ウィンドウで開きます

9.【地域取組】「若者自立支援センター埼玉・かわぐち若者サポートステーション(併設)」~現地訪問レポート

若者自立支援センター埼玉・かわぐち若者サポートステーション(併設)を見学させていただきました。本センターは埼玉県より委託・厚労省の認定を受け、NPO法人育て上げネット様が運営しています。

同センターでは、地域の多様な関係機関と連携し、「担当者の顔を知った連携」「人から人への繋ぎ」を大事にされ、就労に向けた若者・保護者に各種サポートを実施しています。

子ども・若者を支えるべく、これからも地域にある多くの機関・団体と連携できる可能性を模索し続けたいとのことです。

■ 若者自立支援センター埼玉
若者自立支援センター埼玉へ 別ウィンドウで開きます

■ かわぐち若者サポートステーション
かわぐち若者サポートステーションへ 別ウィンドウで開きます

10.【参考情報】「内閣府NPOホームページ」の御紹介!

子ども・若者育成支援の分野においては、公的機関だけではなく、NPO等民間団体による取組が重要な役割を果たしています。内閣府では、様々な社会的課題の解決に向けて活躍するNPO等民間団体の方にお役に立つ情報を満載した「内閣府NPOホームページ」を開設しております。

民間団体の方だけではなく、民間団体と連携して子ども・若者支援に取り組まれている公的機関の方にも大変参考になると思われます。是非ご高覧ください。

また、1月14日に内閣府で開催した「共助社会づくりシンポジウム」では、NPO等民間団体の経営基盤の充実に関連した様々な助成制度等が紹介されていました。

御関心のある方は、同シンポジウムのパネリストが所属されている団体名について、下記の検索サイトを御活用ください。

■ 内閣府NPOホームページ
内閣府NPOホームページへ 別ウィンドウで開きます

■ 共助社会づくりシンポジウム
共助社会づくりシンポジウムへ 別ウィンドウで開きます

11.【参考情報】「困難を有する子ども・若者及び家族に対する支援の在り方に関する調査研究」について

本メールマガジン~よりそい13号でお知らせしたとおり、内閣府では有識者のご指導もいただきながら、困難を有する子ども・若者及びその家族への支援を実践している民間団体の支援者の参考となる執務資料を作成しているところです。

その構成案がおおむね固まりましたので、予告として再度お知らせします。

  • 支援事例集(医療的な対処を行った事例、本人に内在する問題の事例、家族環境等の事例、経済的支援の事例等)
  • 民間支援団体の経営方策について(アンケート調査から認識できる課題と提言等)
  • 「支援団体職員・当事者への意識調査」及び「支援団体への現地ヒアリング調査」の結果概要
  • その他(経営について参考となる情報一覧等)

(注:最終的に発行される資料の構成は、上記とは変更されることもあります)

なお、アンケート調査に多大なる御協力をいただいた民間団体の皆様、誠に有り難うございました。

本資料は、今年度末頃には皆様のお手元へお届けするよう、目下、編集作業を進めております。御期待ください!

12.【参考情報】平成26年度も子ども・若者の相談・支援職員を対象とした研修を実施します

平成26年度もアウトリーチ(訪問支援)研修、困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる公的機関職員研修及び民間団体職員研修を実施する予定です。

内閣府ホームページにて研修生を募集しますが、募集開始に当たっては、あらためてメールマガジン「内閣府子ども・若者通信~よりそい~」でもお知らせします。

13.【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況

平成26年1月10日現在、内閣府が把握している設置状況です。
追加等がありましたら内閣府担当まで情報提供願います。

都道府県:22 北海道、○青森県、山形県、福島県、○群馬県、千葉県、山梨県、長野県(※NPO法人侍学園スクオーラ今人)、○静岡県、兵庫県(※公益財団法人兵庫県青少年本部)、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、愛媛県、佐賀県(※NPO法人スチューデント・サポート・フェイス)、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県
政令指定都市:12 北海道札幌市(※公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、神奈川県相模原市、新潟県新潟市、○静岡県静岡市、 静岡県浜松市、○愛知県名古屋市、京都府京都市(※公益財団法人京都市ユースサービス協会)、大阪府堺市、福岡県北九州市、福岡県福岡市
中核市:2 青森県青森市、愛知県豊橋市(※NPO法人いまから)
特例市:2 愛知県春日井市、愛知県一宮市
特別区:2 東京都港区、東京都新宿区
その他の市町村:20 新潟県三条市、新潟県妙高市、新潟県南魚沼市、福井県若狭町、東京都立川市、静岡県島田市、静岡県焼津市、○静岡県富士市、愛知県蒲郡市(※がまごおり若者サポートステーション)、愛知県北名古屋市、滋賀県高島市、兵庫県神河町、奈良県葛城市、○奈良県天理市(※若者サポートステーションやまと)、島根県出雲市、島根県浜田市、島根県美郷町、○岡山県勝央町、山口県萩市、徳島県上板町
合計:60
○:昨年4月15日配信第10号での情報提供後、追加となった地域
※:指定支援機関


twitter(ツイッター)~内閣府青少年担当~

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、twitter(ツイッター)で発信しております。
ぜひともご活用ください。

■ twitter(ツイッター)URL
内閣府青少年担当のTwitterへ



■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
メールマガジン新規登録へ

■ メールマガジン登録解除を希望される方はこちら
メールマガジン登録解除へ


今後とも子ども・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします。



次号『内閣府子ども・若者通信~よりそい~』は、平成26年4月頃を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。


発行
内閣府子ども・若者施策総合推進室青少年支援担当
内閣府子ども・若者施策総合推進室青少年支援担当へ

所在地
〒100-8970 東京都千代田区霞ヶ関3-1-1
TEL:03-3581-1191 FAX:03-3581-1609

内閣府子ども・若者通信~よりそい~
内閣府子ども・若者通信~よりそい~トップページへ