内閣府子ども・若者通信~よりそい~ Vol.17

発行:内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室
平成26年6月27日 発行

※このメールマガジンは、子ども若者・子育て施策総合推進室青少年担当から、
子ども・若者施策に関する様々な情報を配信しています。

当面は3か月に1回程度、配信します。
配信停止希望の方は、お手数ですがメール最下部の停止方法をご覧ください。

目次

1.【募集情報】困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修受講生の募集

内閣府では、ニートやひきこもり、不登校、発達障害等の困難を有する方の支援にあたる、NPO法人等の民間団体職員の方を対象とした「困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修」を実施します。

現在、受講生の募集を行っております。詳細につきましては内閣府HPにて募集要項をご覧ください。皆様のご応募をお待ちしております。

日程:平成26年12月15日(月)~12月19日(金) 4泊5日
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)
募集人数:100名程度
参加費:無料

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/soudan/bosyu-6.html

2.【募集情報】「ユース特命報告員」を募集中です。皆さんの「声」を国に直接伝えてみませんか?あなたの「思い」を伝えてください。

内閣府では、社会参加意識を高めることを目的に、子どもや若者が積極的に自分の意見や考えを述べる機会として、中学生から20代(29歳まで)の若者を「ユース特命報告員」に任命し、社会の様々な課題に対する意見を募集します。現在、平成26年度の「ユース特命報告員」を募集しています(募集期間:7月13日(日)まで)。

教育関係者をはじめ、お身近にご関心のありそうな方がいらっしゃいましたら、本件についてお知らせいただければ幸いです。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
http://www.youth-cao.go.jp/

3.【開催情報】青少年のインターネット利用環境づくりフォーラムを開催します

スマートフォンなど多様なインターネット接続端末の登場により、青少年のインターネット利用環境が急速に変化していることから、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするため、国、地方公共団体、民間団体が連携して、本年度も全国6カ所でフォーラムを開催します。青少年のインターネット利用の問題について御関心をお持ちの方であればどなたでもご参加いただけます。

平成26年8月6日(水)徳島県徳島市/とくぎんトクモニプラザ
平成26年10月8日(水)佐賀県佐賀市/アバンセ
平成26年11月14日(金)神奈川県横浜市/横浜情報文化センター
平成26年11月28日(金)兵庫県神戸市/神戸クリスタルホール
平成26年12月5日(金)新潟県三条市/燕三条地場産業振興センター
平成26年12月12日(金)秋田県秋田市/秋田県庁

※参加費:無料(事前申込みが必要となります。)
詳細につきましては、近日中に内閣府共生社会政策インターネット利用環境整備のホームページにアップいたしますのでご参照いただきますようお願いいたします。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/index.html

4.【施策情報】薬物乱用の根絶に向けた取組について

政府では、青少年をはじめとした薬物乱用の未然防止等のため、薬物乱用対策推進会議において策定された「第四次薬物乱用防止五か年戦略」に基づく広報・普及啓発活動を実施しております。

■ 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動について
厚生労働省、都道府県及び(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターは、国民一人一人の認識を高め、正しい知識の普及を図るため、6月20日~7月19日までの1か月間、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動を実施しております。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000047977.html別ウィンドウで開きます

■ 薬物乱用防止啓発のためのFacebook、Twitterについて
厚生労働省ではFacebookとTwitterを活用した啓発活動を行っています。薬物乱用の最新情報や弊害等を随時、効果的にお知らせしていきます。
Facebook:https://www.facebook.com/stopthedrug
Twitter:https://twitter.com/StopTheDrug

■ 政府広報オンライン(合法といって売られている薬物の本当の怖さを知っていますか?)
内閣府政府広報では、合法ハーブ等と称して販売される薬物の怖さを、「カイジ」シリーズで知られる福本伸行氏のオリジナルマンガで、わかりやすく紹介しています。
https://www8.cao.go.jp/youth/kankyou/hikouhigai/yakubutu.html

■ 第四次薬物乱用防止五か年戦略について(内閣府ホームページ)
https://www8.cao.go.jp/souki/drug.html

5.【施策情報】青少年の非行・被害防止全国強調月間について

内閣府は、青少年の非行防止等について、国民が理解を深め、関係機関・団体と地域住民等とが協力・連携して、青少年の規範意識の醸成及び有害環境への適切な対応を図るなどの各種取組を集中的に実施するため、7月1日~7月31日までの1か月間、「青少年の非行・非行被害防止全国強調月間」を実施します。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/youth/ikusei/h26hikokyo.html

6.【都道府県・指定都市‐施策紹介】和歌山県‐若者総合相談センター「With You」~あなたのココロとつながりたい~

「大人への階段を上がる時期は 悩みや問題を抱えやすいものです家族や友達、先生など 多くの人々に支えられながら 一歩ずつ大人へと近づいていきます」

こうした温かい言葉でむかえるのは、和歌山県若者総合相談センター「With You(ウィズ ユー)」のホームページ別ウィンドウで開きますです。

和歌山県では、子ども・若者育成支援推進法の「子ども・若者総合相談センター」として、「With You」 を開設し、おおむね15歳から39歳までの若者が抱える様々な悩みや問題に、関係機関と連携しながら相談に応じています。

また、平成26年4月には、県内3カ所の「地域若者サポートステーション(働くことに不安のある若者の職業的自立を支援する施設)」に併設し、「若者サポートステーションWith You 」として、より一体的な支援に取り組まれています。子ども・若者が悩みや問題を抱え込まないための体制作りや、そのためのアイデア、そして真摯な姿勢を大切にされています。

和歌山県御担当者より
 今年4月、本県は「若者サポートステーションWith You」を県内3か所に開設しました。ここでは既存の「地域若者サポートステーション」と、「With You(子ども・若者総合相談センター)」とを統合し、総合相談や地域連携、職業的自立支援を一体的に実施しています。一体化によって、対面での総合相談の機会が増える、職業スキル以外にも、健康面や家庭面等の課題を抱えた若者への支援を円滑に行える、といった効果が現れてきています。

「With You」という愛称には、「ひとりじゃないよ、そばにいるよ」という思いを込めています。一人ひとりの若者のココロとつながり、彼らによりそって共に歩むような支援を、本県職員をはじめ、スタッフ一同心がけています。

将来の和歌山を担う若者達が輝くよう、これからも全力でサポートしていきたいと思います。
(和歌山県青少年・男女共同参画課副主査:田村修平~すべての若者が輝く和歌山へ~)

7.【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況

都道府県:24 北海道、青森県、山形県、福島県、群馬県、千葉県、東京都、山梨県、長野県、静岡県、兵庫県、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県
政令指定都市:13 北海道札幌市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、神奈川県相模原市、新潟県新潟市、静岡県静岡市、静岡県浜松市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府堺市、福岡県北九州市、福岡県福岡市
中核市:2 青森県青森市、愛知県豊橋市
特例市:2 愛知県春日井市、愛知県一宮市
特別区:2 東京都港区、東京都新宿区
その他の市町村:22 新潟県三条市、新潟県妙高市、新潟県南魚沼市、福井県若狭町、東京都立川市、静岡県島田市、静岡県焼津市、静岡県富士市、愛知県蒲郡市、愛知県大府市、愛知県田原市、愛知県北名古屋市、滋賀県高島市、兵庫県神河町、奈良県葛城市、奈良県天理市、島根県出雲市、島根県浜田市、島根県美郷町、岡山県勝央町、山口県萩市、徳島県上板町
合計:65

8.【参考情報】「子ども・若者支援地域協議会設置促進事業」の実施について

内閣府では、社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者を、各地域の関係機関・団体等が連携して総合的に支援する体制を整えるため、本年度から、「子ども・若者支援地域協議会設置促進事業」を実施しています。

この事業においては、地域協議会を設置していない都道府県・指定都市を対象に、各地域の実情に応じて段階的に地域協議会の設置に向けた支援事業を実施し、設置促進を図っています。

来月7月14日(月)~16日(水)には、子ども・若者支援に関する学識経験者や実務家の方をお迎えして、東京において第1回合同研修会を実施します。この研修を通じて、各地域の御担当者の理解を促進し情報共有を図り、ひいては、より効果的な支援ネットワークの形成に寄与していきたいと考えています。

事業の実施状況については、本メールマガジン等で随時お知らせしていきます。

9.【お知らせ】内閣府青少年担当の庁舎移転について

内閣府青少年担当は、平成26年7月18日(金)18時頃~庁舎を移転する予定となっております。
移転に伴い、下記のとおり住所及び内線番号(各担当内の直通番号)等が変更となります。

移転後の住所及び内線番号
〒100-8914
東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館8階
TEL/03-5253-2111(内線38248)

※代表連絡先については、変更となりません。

※上記の内線番号は、メールマガジン担当の連絡先となります。各担当内の直通番号及び内線番号については、個別又は代表連絡先よりお問合せください。

10.【青少年川柳】青少年をテーマにした川柳について

過日、私たち内閣府青少年担当のメンバーで話すうちに、どの世代からも親しまれる「川柳」で、青少年や家族の姿を表現し、青少年育成支援に対する意識を高めてみようということになりました。

以下の川柳がそのような気持ちで作ってみたものです。

これから折々に紹介してまいります。皆様の作品も内閣府までお寄せください。(櫻)

  • 国づくり 土台育む 青少年
  • ゲームより 大空仰げ 青少年
  • 六年後 輝く色は 決まってる
  • 白紙から 輝く色に 染めていく
  • 夏休み 思いっきり ボランティア

Twitter(ツイッタ) ~内閣府青少年担当

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、Twitter(ツイッター)で 発信しております。ぜひともご活用ください。

■ Twitter(ツイッター)URL
http://twitter.com/cao_deyp


■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=4a5897ae8dab6c73480035cdbea715a2

■ メールマガジン登録解除(配信停止)を希望される方はこちら
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=4a5897ae8dab6c73480035cdbea715a2


今後とも子ども・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします


次号『内閣府子ども・若者通信~よりそい~』は、平成26年9月頃を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。

発行
内閣府子ども・若者施策総合推進室青少年支援担当
URL:https://www8.cao.go.jp/youth/index.html

所在地
〒100-8970 東京都千代田区霞ヶ関3-1-1
TEL:03-3581-1191 FAX:03-3581-1609