内閣府子ども・若者通信~よりそい~ Vol.18

発行:内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室
平成26年9月8日 発行

※このメールマガジンは、子ども若者・子育て施策総合推進室青少年担当から、
子ども・若者施策に関する様々な情報を配信しています。

当面は3か月に1回程度、配信します。
配信停止希望の方は、お手数ですがメール最下部の停止方法をご覧ください。

目次

  1. 【募集情報】平成26年度第3回青少年問題調査研究会「地方創生」に取り組む若者セミナー~「おおなん」で働く女子に聞く~
  2. 【追加募集】困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修受講生について、若干名、追加募集します
  3. 【施策情報】「子供の貧困対策に関する大綱」を閣議決定・公表しました
  4. 【施策情報】危険ドラッグの乱用の根絶に向けた取組について
  5. 【参考書籍紹介】「長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク」著者:竹中哲夫氏
  6. 【開催案内】青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム参加者募集中
  7. 【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況
  8. 【施策紹介】「子ども・若者育成支援推進大綱」総点検報告書が取りまとめられました
  9. 【取組紹介】有給職業体験「バイターン」レポート
  10. 【青少年川柳】青少年をテーマにした川柳について

1.【募集情報】平成26年度第3回青少年問題調査研究会「地方創生」に取り組む若者セミナー~「おおなん」で働く女子に聞く~

若者の就労支援は「子ども・若者育成支援推進大綱」の重点施策の一つである上に、政府の重要課題とされる「地方創生」の担い手として若者は大いに期待されています。

今回は若者を応援する島根県邑南(おおなん)町の取組をお伺いします。

  • 日時:平成26年9月18日(木)16:00~18:00
  • 場所:中央合同庁舎4号館6階共用620会議室
  • お申込み方法
    内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付「青少年企画担当」あてに,御出席希望者の「「1」御所属、「2」御役職、「3」御芳名、「4」御連絡先(連絡が取れるメールアドレスまたは電話番号)」を、電子メールか郵送により、以下申込先に御連絡願います(なるべく電子メールを御利用ください。)。
    • 郵送による申込先~
      〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎8号館 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付 青少年企画担当あて

2.【追加募集】困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修受講生について、若干名、追加募集します

内閣府では、ニートやひきこもり、不登校、発達障害等の困難を有する方の支援にあたる、NPO法人等の民間団体職員の方を対象とした「困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修」を実施します。

受講生について、若干名、追加募集します。詳細につきましては内閣府HPにて募集要項をご覧ください。なお、先着順とさせていただきます。ご了承ください。

日程:
平成26年12月15日(月)~12月19日(金) 4泊5日
会場:
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)
追加募集人数:
若干名
参加費:
無料

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/soudan/bosyu-6.html

3.【施策情報】「子供の貧困対策に関する大綱」を閣議決定・公表しました

平成26年8月29日、子供の貧困対策を総合的に推進する「子供の貧困対策に関する大綱」を取りまとめました。

政府では、この大綱に基づき、全ての子供たちが夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指して、特に、学校や地域の連携による学習支援、教育費負担の軽減、学校と福祉の連携、保護者の学び直しの支援などの施策を推進しつつ、中長期的な視野も持って継続的に取り組んでいきます。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/index.html

4.【施策情報】危険ドラッグの乱用の根絶に向けた取組について

最近、危険ドラッグの乱用に起因する交通事故等が多発しています。

政府では、薬物乱用対策推進会議において「危険ドラッグの乱用の根絶のための緊急対策」を策定し、危険ドラッグの取締りや危険性についての啓発活動等を強力に推進しています。

5.【参考書籍紹介】「長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク」著者:竹中哲夫氏

長期・年長のひきこもる人とその家族への支援活動を継続し、また困難を抱える子供・若者の地域支援ネットワークの形成にも関わってきた著者による実践と知見が豊富に盛り込まれています。特に「子ども・若者育成支援推進法」に基づく「子ども・若者支援地域協議会」によるネットワーク支援の展開例については、協議会設置を目指す地方公共団体職員や、多様な困難を有する子供・若者への支援に携わるすべての方々にとって大変参考になります。是非ご一読をお薦めします。

書名:
『長期・年長ひきこもりと若者支援地域ネットワーク』
発行:
2014年4月5日 かもがわ出版
著者:
竹中哲夫氏(日本福祉大学名誉教授・日本福祉大学心理臨床相談室研修指導員・臨床心理士)
目次:
序章 生きづらさとしてのひきこもり~困難を抱える若者理解と支援への助走~
第1章:
不登校・ひきこもりなど困難を抱える子ども・若者支援地域ネットワークの動向と課題
第2章:
長期・年長ひきこもりの理解と支援方法論
第3章:
ひきこもり支援における訪問サポート(アウトリーチ)の方法論~「同意ルール」についての一つの提案~おわりに~ある仮想問答~

6.【開催案内】青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム参加者募集中

スマートフォンなど多様なインターネット接続端末の登場により、青少年のインターネット利用環境が急速に変化していることから、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするため、国、地方公共団体、民間団体が連携して、本年度も全国6カ所でフォーラムを開催します。青少年のインターネット利用の問題について御関心をお持ちの方であればどなたでもご参加いただけます。

  • 平成26年10月8日(水) 佐賀県佐賀市/アバンセ
  • 平成26年11月14日(金) 神奈川県横浜市/横浜情報文化センター
  • 平成26年11月28日(金) 兵庫県神戸市/神戸クリスタルホール
  • 平成26年12月5日(金) 新潟県三条市/燕三条地場産業振興センター
  • 平成26年12月12日(金) 秋田県秋田市/秋田県庁

※参加費:無料(事前申込みが必要となります。)

■ 詳細につきましては、以下の内閣府HPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/index.html

7.【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況

都道府県:24 北海道、青森県、山形県、福島県、群馬県、千葉県、東京都、山梨県、長野県、静岡県、兵庫県、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県
政令指定都市:13 北海道札幌市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、神奈川県相模原市、新潟県新潟市、静岡県静岡市、静岡県浜松市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府堺市、福岡県北九州市、福岡県福岡市
中核市:2 青森県青森市、愛知県豊橋市
特例市:2 愛知県春日井市、愛知県一宮市
特別区:2 東京都港区、東京都新宿区
その他の市町村:25 ○秋田県大仙市、○秋田県三種町、新潟県三条市、新潟県妙高市、新潟県南魚沼市、福井県若狭町、東京都立川市、静岡県島田市、静岡県焼津市、静岡県富士市、愛知県蒲郡市、愛知県大府市、愛知県田原市、愛知県北名古屋市、滋賀県高島市、兵庫県神河町、奈良県葛城市、奈良県天理市、島根県出雲市、島根県浜田市、○島根県大田市、島根県美郷町、岡山県勝央町、山口県萩市、徳島県上板町
合計:68
○:平成26年6月27日配信16号での情報提供後、追加となった地域

8.【施策紹介】「子ども・若者育成支援推進大綱」総点検報告書が取りまとめられました

本年7月末,昨年11月から「子ども・若者育成支援推進大綱」の総点検を行ってきた「子ども・若者育成支援推進点検・評価会議」の報告書を公表しました。

報告書では、子供・若者のライフサイクルを見通した重層的なネットワークの構築、子供・若者だけではなくその家族への支援の充実強化,子供・若者の育成支援に携わる多様な担い手の養成・確保,大綱の各項目に沿った課題や今後の方向性が提言されています。是非ご覧ください。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
https://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hyouka/index.html

9.【取組紹介】有給職業体験「バイターン」レポート

本年7月末、「困難を抱える若者のキャリア形成・雇用創出支援研究会」に出席、神奈川県立田奈高校で取組まれる「有給職業体験バイターン(以下URL参照)」報告拝聴。「バイターン(アルバイト+インターン)」は就職希望生徒向け有給職業体験プログラム。研修としてアルバイトで雇用された生徒のうち適性のある人は正規採用に進む新しい職業教育です。

若者はバイターンでいい大人と出会い成長、企業は有為な人材確保,相互にWIN・WINを目指すのは素晴らしいですね!学校が地元企業や若者支援機関と連携するこの取組、今後も注目していきたいです。

10.【青少年川柳】青少年をテーマにした川柳について

川柳コーナーも3回目となりました。

子供・若者がイキイキとしている姿を川柳にて表現しました。

本メールマガジン読者である皆様の川柳もお待ちしております。

今後とも、川柳コーナーに御愛顧ください(櫻)

  • あいさつで 地域仲良く 元気出る
  • 今大事 次世代担う 青少年
  • 青少年 まぶしい未来 花咲かせ
  • この一瞬 本気に生きる 次世代へ
  • 原石の 日々磨いて 輝こう

■ 川柳のご提出についてのお問合わせ
03-5253-2111(内線38248)
※内閣府メールマガジン「よりそい」にある川柳の件とお伝えください


Twitter(ツイッター) ~内閣府青少年担当

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、Twitter(ツイッター)で 発信しております。ぜひともご活用ください。

■ Twitter(ツイッター)URL
http://twitter.com/cao_deyp


■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
https://nmg.cao.go.jp/cao/entry/subscribers/insert?mag_id=4a5897ae8dab6c73480035cdbea715a2

■ メールマガジン登録解除(配信停止)を希望される方はこちら
https://nmg.cao.go.jp/cao/cancel/subscribers/cancel?mag_id=4a5897ae8dab6c73480035cdbea715a2


今後とも子ども・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします


次号『内閣府子ども・若者通信~よりそい~』は、平成26年12月頃を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。

発行
内閣府子ども・若者施策総合推進室青少年支援担当
URL:https://www8.cao.go.jp/youth/index.html

所在地
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1(中央合同庁舎8号館)

連絡先
TEL:03-5253-2111(内線38248)