内閣府子供・若者通信~よりそい~ Vol.22

発行:内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
平成27年4月24日 発行

※当メールマガジンは、内閣府青少年担当から子供・若者育成支援に関する施策等の様々な情報を配信しています。

目次

  1. 【御連絡】内閣府青少年担当の組織変更について
  2. 【講師紹介~よりそうひと~】再非行を減らし、笑顔を増やしたい
    NPO法人再非行防止サポートセンター愛知 理事長 高坂 朝人 氏
  3. 【募集情報】「アウトリーチ(訪問支援)研修」に係る研修生の募集について
  4. 【開催案内】第1回・第2回-青少年問題調査研究会
  5. 【自治体施策紹介~よりそうまち~】三条市子ども・若者総合サポートシステム
  6. 【施策情報】青少年向けコンテンツ「ストップ!危険ドラッグに手を出すな!」の配信について
  7. 【調査研究】平成26年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」の報告書の公表
  8. 【調査研究】「アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査」の報告書の公表
  9. 【施策情報】青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための保護者向けパンフレット(平成27年3月版)の公開
  10. 【施策情報】青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備のための保護者に対する重点的な啓発活動(春のあんしんネット・新学期一斉行動)について
  11. 【施策情報】来年は、青少年育成国民運動50周年!
  12. 【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況
  13. 【青少年川柳】青少年をテーマにした川柳について

1.【御連絡】内閣府青少年担当の組織変更について

 本年4月1日、子ども・子育て支援新制度がスタートし、内閣府に「子ども・子育て本部」が新たに発足しました。これに伴い、内閣府の青少年担当に関する組織 も改編されましたので、御連絡いたします。

 これまで内閣府では、「子ども若者・子育て施策総合推進室」の下で子供・若者施策に取り組んできましたが、この度の組織改編により、今後は「政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当」として子供・若者施策に取り組んでいくことになりました。

 このように組織名は変わりますが、担っているスタッフはきちんと引き継がれています。今後とも各種事業を実施するとともに、情報の発信に努めてまいりますので、引き続き御支援と御協力をよろしくお願いいたします。

2.【講師紹介~よりそうひと~】再非行を減らし、笑顔を増やしたい
NPO法人再非行防止サポートセンター愛知 理事長 高坂 朝人 氏

 第1回青少年問題調査研究会(平成27年5月25日開催)に登壇する高坂朝人です。私が理事長を務めるNPO法人再非行防止サポートセンター愛知(以下、「再サポ愛知」と表記)では、『非行少年・少女の本音と希望を基に、再非行防止サポートを実施し、再非行を減らし、笑顔を増やしたい』をミッションに主に4つのサポートに取り組んでいます。

(1)再非行防止緊急サポート(当事者付添人)
(2)再非行防止施設内サポート(少年院面会、手紙サポート)
(3)再非行防止社会内サポート
 (おかえり合宿、サポート計画の作成、勉強会、就労・就学・余暇サポート)
(4)再非行防止家族向けサポート(親・兄弟向けの、電話・メール・面談相談)

 鑑別所や少年院にいる少年に対して、少年院の在院経験者と大学生・社会人のスタッフの2人が担当となり、繰り返し施設内での面会を重ね、少年との信頼関係を 築きます。また、社会復帰後は、保護観察所の主任官(又は保護司)にご挨拶後、サポート担当スタッフ2名と少年とで、「おかえり合宿」を行います。

車で、愛知の隣の静岡県に行き、共に食事をし、一つの部屋に共に寝る。
早朝から、絶景スポットで富士山を眺め、海釣りを行い、帰路に着く。

 こうした生活を通じて、9割は共に楽しみ、1割は今後についての本音と希望を共に語り合います。そして、本音と希望を基に、本気の市民の集まりであるスタッ フと、再サポ愛知の約80名の会員がチームとなって、約半年間、就労・就学・余暇など、再非行から離れるための社会内サポートを行っています。

 とても情けない話ですが、僕自身、元非行少年でした。鑑別所、少年院、暴走族、刺青などを経験しています。
 現在は2児の父であり、知的障害者グループホームでサービス管理責任者をしながら、再非行防止活動に取り組ませてもらっています。
 こうした自分自身の経験から、痛感していることがあります。
「非行少年は変われる。でも、一人では変われない」
 僕自身、一人では変われなかった。一人の人として見てくれた法務教官、僕を信じてくれて泣いてくれた調査官、細く長く付き合い続けてくれた弁護士、
そして、父、母、弟、妻、二人の最愛の娘がいたから、僕は、変わることが出来たと思います。

 非行は、被害者、被害者の家族、加害者、加害者の家族、社会、誰にとっても、良いことはないでしょう。自分自身の11年間の非行経験と、約7年間の再非行防 止活動を振り返っても、強く、そう思います。
 再非行を減らし、笑顔を増やすことは、再サポ愛知が最も大切にしていることであり、僕の夢でもあります。私たちは、非行少年の本音と希望を大切にし、非行少 年と信頼関係を作り、再非行を減らし、笑顔を増やし、非行少年が、人を幸せにできる人になることを本気で信じ、今日も、明日も、できることをチームで続けてい きます。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
NPO法人再非行防止サポートセンター愛知 理事長 高坂 朝人

第1回青少年問題調査研究会(平成27年5月25日開催)については本メールマガジン目次「4」をご覧ください。

3.【募集情報】「アウトリーチ(訪問支援)研修」に係る研修生の募集について

 平成26年度に引き続き【アウトリーチ(訪問支援)研修】を実施します。アウトリーチ(訪問支援)に係る知識・技法や社会資源の活用方法、関係機関との連携方策等について、座学と演習、専門性を有する機関・団体での実務を通じて研修を実施します。

 現在、研修生を募集しております(4月13日~ 6月12日必着)。ニート・ひきこもり、不登校等の困難を有する子ども・若者の相談業務に従事する職員・スタッフ皆様の御応募をお待ちしております。

 なお、公的機関の職員の方や、短期大学、専門学校、大学、大学院の教育、福祉、保健、医療等に関連する学科・研究科を卒業・修了した、30歳未満の方も対象となります。

■ 詳細につきましては、下記募集要項URLを御覧ください。
平成27年度「アウトリーチ(訪問支援)研修」に係る研修生募集要項

4.【開催案内】第1回・第2回-青少年問題調査研究会

  内閣府青少年担当では、子供・若者施策に携わる国、自治体、民間団体等の職員の方を対象とした定期的な勉強会(青少年問題調査研究会)を開催しております。 以下のとおり開催いたしますので、御案内させていただきます。

■ 第1回-青少年問題調査研究会
「様々な視点から「少年非行」を考える。」

 日時:平成27年5月25日(月)14:00~16:00
 場所:中央合同庁舎8号館6階623会議室
 お申込み期限:平成27年5月22日(金)17:00必着

 テーマ1「歴史的な視点から、少年非行を考える」
 講師:佛教大学社会学部 准教授 作田 誠一郎 氏

 テーマ2「矯正教育の視点から、少年非行を考える」
 講師:法務省宮川医療少年院 首席専門官 押越 真人 氏

 テーマ3「社会で支援する視点から,少年非行を考える」
 講師:NPO法人再非行防止サポートセンター愛知 理事長 高坂 朝人 氏

■ 第2回-青少年問題調査研究会
「欧州諸国の若者政策から日本の若者の社会・政治参画を考える。」

 日時:平成27年7月27日(月)14:00~16:00
 場所:中央合同庁舎8号館6階623会議室
 お申込み期限:平成27年7月24日(金)17:00必着

 テーマ1「ドイツの若者政策視察から考える、日本における若者の政治参画の可能性」
 講師:NPO法人 Youth Create代表 原田 謙介 氏

 テーマ2「欧州における若者参画の取り組み~ドイツを事例に~」
 講師:NPO法人 Rights副代表 小串 聡彦 氏

■ お申し込み方法
以下を明記の上、メールアドレスに送付願います。
お申込みメールアドレス:メールアドレスについては下記へご連絡ください。

 1:御所属(機関・団体名)
 2:御役職
 3:御芳名(氏名)着
 4:御連絡先(連絡が取れるメールアドレスまたは電話番号)

 連絡先:TEL 03-5253-2111(内線38248) 引田・柏木

※ 申し込み期限がありますのでご留意ください。
※ 参加の確定連絡はありませんので当日会場にお越し下さい。
※ 定員に達した場合は連絡いたします。
※「青少年問題調査研究会第○回申込み」と記載願います。

なお、誠に恐れ入りますが、本会への御出席につきましては、内閣府からの旅費支給対象とはなりませんので、遠方の方はその旨御了承願います。

5.【自治体施策紹介~よりそうまち~】三条市子ども・若者総合サポートシステム

 三条市(新潟県)では、虐待やいじめ、不登校、発達障がい、引きこもりなど、様々な問題で支援を必要としている子ども・若者に対し、「子ども・若者と いう三条市民に必要なサポート体制をつくるのは、三条市の責任だ」という基本理念に立ち、乳幼児から就労に至るまで継続的かつ総合的な支援を行うことを目的として、平成21年に「三条市子ども・若者総合サポートシステム」を整備しました。
 このシステムでは、乳幼児から就労・自立に至るまで切れ目なく一貫して、個に応じた必要な支援を総合的に受けられるようにするため、市(子育て支援課)が必要な情報を可能な限り集約・一元化するとともに、関係組織・機関と連携した支援体制づくりに取り組んでいます。

三条市教育委員会 子どもの育ちサポートセンター 片野義孝
三条市子ども・若者総合サポートシステムHP別ウィンドウで開きます

6.【施策情報】青少年向けコンテンツ「ストップ!危険ドラッグに手を出すな!」の配信について

 近年、青少年への危険ドラッグの乱用の広がりが懸念されています。
内閣府では危険ドラッグに関する正しい知識を青少年にわかりやすく伝えるため、マンガやイラストを用いたWebコンテンツ「ストップ!危険ドラッグに手を出すな!」を作成し、ホームページにおいて配信しております。是非、御活用ください。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
ストップ!危険ドラッグに手をだすな!

7.【調査研究】平成26年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」の報告書の公表

 平成26年11月-12月に実施した平成26年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」の報告書を公表しました。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
青少年のインターネット利用環境実態調査

8.【調査研究】「アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査」の報告書の公表

 平成26年度に実施した「アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査」の報告書を公表しました。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査

9.【施策情報】青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための保護者向けパンフレット(平成27年3月版)の公開

 青少年を有害情報から守り、安全なインターネット利用を実現するためには、保護者がインターネットの特徴を理解し、青少年を見守ることが大切です。

 パンフレットでは、青少年がインターネットを利用する上で、保護者ができる3つのポイントを紹介しています。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための保護者向けパンフレット

10.【施策情報】青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備のための保護者に対する重点的な啓発活動(春のあんしんネット・新学期一斉行動)について

 内閣府では、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするため、都道府県及び政令指定都市に対して、青少年におけるフィルタリングの普及促進その他のインターネットの適切な利用を推進するため、「春のあんしんネット・新学期一斉行動」として、1月27日付けで、春の卒業・入学・進級時期における重点的な啓発活動に取り組むよう依頼しました。

■ 詳細につきましては、以下のHPを御覧ください
青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備のための保護者に対する重点的な啓発活動(春のあんしんネット・新学期一斉行動)について

11.【施策情報】来年は、青少年育成国民運動50周年!

 平成28年は、青少年育成国民運動の本格的な開始から50年が経過します。
 内閣府としても、引き続き様々な諸事業を通じて、国民運動の一層の充実と定着を図ってまいります。

12.【参考情報】子ども・若者支援地域協議会設置状況

 平成27年4月1日現在、内閣府が把握している設置状況です。
 追加等がありましたら内閣府担当まで情報提供願います。

  • 都道府県:26
    北海道、青森県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、千葉県、東京都、山梨県、 長野県、岐阜県、静岡県、兵庫県、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県
  • 政令指定都市:13
    北海道札幌市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、神奈川県相模原市、新潟県新潟市、静岡県静岡市、静岡県浜松市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府堺市、福岡県北九州市、福岡県福岡市
  • 中核市:3  青森県青森市、愛知県豊橋市、愛知県豊田市
  • 特例市:3  静岡県富士市、愛知県一宮市、愛知県春日井市
  • 特別区:3  東京都港区、東京都新宿区、東京都世田谷区
  • その他の市町村:33
    北海道石狩市、秋田県大仙市、秋田県三種町、栃木県鹿沼市、東京都立川市、新潟県三条市、新潟県妙高市、新潟県南魚沼市、福井県若狭町、静岡県富士宮市、静岡県島田市、静岡県焼津市、愛知県豊川市、愛知県蒲郡市、愛知県大府市、愛知県知多市、愛知県田原市、愛知県北名古屋市、愛知県東浦町、滋賀県高島市、兵庫県神河町、奈良県天理市、奈良県葛城市、島根県浜田市、島根県出雲市、島根県大田市、島根県雲南市、島根県美郷町、島根県飯南町、岡山県勝央町、山口県萩市、徳島県上板町、沖縄県石垣市

合計:81か所

13.【青少年川柳】青少年をテーマにした川柳について

 新年度を迎え、皆様には希望に満ちた日々をお過ごしのことと思います。
 川柳コーナーも早1年が経過したところです。
 今回は、昨年度といっても、本年1月に開催した青年リーダー研修会を受講した参加者から待望の川柳が送られてきましたので、それを紹介させていただきます。参加者の皆様ありがとうございます。(櫻)

  • 若者よ 君のちからが 皆の期待
  • 若者と 一緒につくろう 良い社会
  • 若者が 次の世代を 創り出す
  • 道拓く 若人の声 高らかに
  • あの頃の 憧れた大人に なれたかな

Twitter(ツイッター) ~内閣府青少年担当

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、Twitter(ツイッター)で発信しております。ぜひともご活用ください。

■ Twitter(ツイッター)URL
内閣府青少年担当のTwitterページ


■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
メールマガジン新規登録

■ メールマガジン登録解除(配信停止)を希望される方はこちら
メールマガジン登録解除(配信停止)


今後とも子供・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします


次号『内閣府子供・若者通信~よりそい~』は、平成27年6月頃を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。

発行
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
URL:https://www8.cao.go.jp/youth/index.html

所在地
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1(中央合同庁舎8号館)

連絡先
TEL:03-5253-2111(内線38248)