内閣府子供・若者通信~よりそい~ Vol.46

発行:内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
平成31年2月28日 発行

※当メールマガジンは、内閣府青少年担当から子供・若者育成支援に関する施策等の様々な情報を配信しています。

目次

  1. 【募集情報】平成31年度ユース特命報告員募集中~皆さんの「声」、聴かせてください~
  2. 【開催案内】子供の貧困対策マッチング・フォーラム
  3. 【施策情報】~「春のあんしんネット・新学期一斉行動」(2019年2月~5月)~
  4. 【都道府県・政令指定都市等―施策紹介】東京都「社会の受け皿と共に考える 社会参加を見据えたひきこもり支援」

1.【募集情報】平成31年度ユース特命報告員募集中~皆さんの「声」、聴かせてください~

 内閣府では、子供・若者育成支援施策の企画・立案の参考とするとともに、若者の社会参加意識向上に役立てるため、「青少年意見募集事業」を実施しています。

 平成31年度においても、中学生から29歳までの子供・若者を「ユース特命報告員」として公募(500名)することとしており、募集を開始いたしました。

 本事業では、特定のテーマについて、ウェブを通じて意見を報告いただくことを予定しております(4~5回程度を予定)。

 また、国の施策担当者と「ユース特命報告員」の希望者が対面して意見交換を行う「ユース・ラウンド・テーブル」の開催も予定しております。
 ※募集チラシはこちらになります。ご興味がある方はぜひご覧ください。(http://www.youth-cao.go.jp/images/top/boshu-h31.pdf)

  • 応募条件 :
    • 中学生から29歳までの方(平成31年4月1日現在)
    • インターネットを利用することができ、Eメールアドレスをお持ちの方
    • 平成31年5月~平成32年3月までの間、内閣府からEメールにより配信されるテーマに対し、内閣府Webサイトから意見を報告できる方
  • 募集人数 : 500名 ※先着順
  • 募集期間 : 4月21日(日)まで

※以上の内容は平成31年度政府予算案に基づく2019年2月時点の予定です。
 定員、回数等については今後変更になることがありますので、 最新の情報はホームページ(http://www.youth-cao.go.jp/)にてご確認ください。

 中学生から29歳までの方は、ぜひお申し込みください!
 子供・若者育成支援関係者の方々におかれましては、身近に御関心をお寄せの方がいらっしゃいましたら、本件について共有いただければ幸いです。

■詳細につきましては、下記HPを御覧ください。
 ユース特命報告員募集要項
 http://www.youth-cao.go.jp/guidance/index.html

2.【開催案内】子供の貧困対策マッチング・フォーラム

 「見えにくい」といわれる子供の貧困。地域のなかで支援の輪を広げる機会になれば、と「子供の貧困対策マッチング・フォーラム」を2019年3月14日(木)に周南市、3月19日(火)に名古屋市で開催いたします。

 有識者や子供の貧困対策に取り組む企業関係者による講演のほか、パネルディスカッションでは学習支援や子供食堂に取り組む団体、NPO等と連携して支援に取り組む企業などが登壇し、終了後には企業や団体、個人をつなげるための自由交流会を行います。

 「何かできることを」とお考えの皆様、ぜひ、御参加ください。

  • 3月14日(木)13:30~17:00 周南市(さくらホール)
  • 3月19日(火)13:30~17:00 名古屋市(名古屋国際センター)

■プログラム内容や参加申し込みなどの詳細は、下記HPに随時掲載いたします(昨年度の開催実績等もご覧いただけます。)。
 子供の貧困対策マッチング・フォーラム
 https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/forum/h29_forum-kaisai.html

3.【施策情報】~「春のあんしんネット・新学期一斉行動」(2019年2月~5月)~

 内閣府では、関係省庁、地方自治体、関係団体等と連携し、青少年がスマートフォン等をはじめて手にする時期でもある、春の卒業・進級・入学の時期に重点を置き、フィルタリングの利用促進やインターネットリテラシー向上のための啓発活動を集中的に実施しています。

 青少年がインターネットを安全・安心に利用するための環境づくりに、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

■詳細につきましては、下記HPを御覧ください。
 https://www8.cao.go.jp/youth/kankyou/internet_use/2019/index.html

4.【都道府県・政令指定都市等―施策紹介】東京都「社会の受け皿と共に考える 社会参加を見据えたひきこもり支援」

 ひきこもりサポートネットに寄せられる相談の中には、ひきこもり状態を脱したあとの就労等に対する意欲や不安の声が多く聞かれます。

 そこで、民間支援団体、就労の際の受け皿となる企業、行政機関の方をパネリストにお招きし、ひきこもり等の経験を持つ人が安心して社会に参加していくために、どんなことが必要か、何ができるか、それぞれの立場からお話しいただきます。

 連携を進め、ひきこもりの本人や家族を取り巻く環境を整えていく契機になればと思います。
 ぜひご参加ください。

「社会の受け皿と共に考える 社会参加を見据えたひきこもり支援」

  • 日程 : 平成31年3月14日(木)13:00~16:30(12:30 開場)
  • 会場 : 文京シビックセンター 多目的室(地下1階)(〒112-0003 東京都文京区春日1丁目16-21)
  • 定員 : 150名(先着順)
  • 参加費 : 無料
  • 参加対象 : 行政及び民間支援機関等職員、ひきこもりの支援に関心のある方、企業の方、保護者の方

■お問い合わせ及び申し込みについて
 氏名、ご所属等(行政職員/民間支援機関等職員/その他)、電話番号をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込みください。

  • 申込先 : 東京都ひきこもりサポートネット事務局
  • FAX : 03-6806-2841
  • メール : hkks-staff@sneta.jp
  • 期日 : 平成31年3月12日(火)

■内容
【第1部】13:00~13:40 平成30年度 ひきこもりサポートネット活動報告

 【第2部】13:50~16:20 パネルディスカッション

  • <パネリスト>
    民間支援団体
    • 認定NPO法人 文化学習協働ネットワーク 常務理事 藤井智氏
    • NPO法人 青少年自立援助センター 事務局長 菅野周平氏
  • 企業(地域若者サポートステーションの職場体験実習を受け入れた実績のある企業)
    • 日清医療食品株式会社 北関東支店管理部キャリア開発課
       キャリア開発マネージャー 横山勝利氏
    • シービーエス株式会社 部長 小向秀樹氏
  • 行政
    • 厚生労働省 社会・援護局 地域福祉課 生活困窮者自立支援室
       就労支援係 係長 引間愛氏
  • <ファシリテーター>
    • 認定NPO法人 育て上げネット 執行役員 山本賢司氏

主催:東京都
 ((本事業はNPO法人青少年自立援助センターが東京都からの委託により実施します。))

■詳細につきましては、下記HPを御覧ください。
 ひきサポHP(イベント・セミナー情報に掲載)
 https://www.hikikomori-tokyo.jp/

 チラシ
 https://www.hikikomori-tokyo.jp/wakamono/pdf/20190314.pdf


Twitter(ツイッター) ~内閣府青少年担当

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、Twitter(ツイッター)で発信しております。ぜひともご活用ください。

■ Twitter(ツイッター)URL
内閣府青少年担当のTwitterページ


■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
メールマガジン新規登録

■ メールマガジン登録解除(配信停止)を希望される方はこちら
メールマガジン登録解除(配信停止)


今後とも子供・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします


次号『内閣府子供・若者通信~よりそい~』は、平成31年4月を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。

発行
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
URL:https://www8.cao.go.jp/youth/

所在地
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1(中央合同庁舎8号館)

連絡先
TEL:03-5253-2111(内線38248)