内閣府子供・若者通信~よりそい~ 平成30年11月30日 特別配信号

発行:内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
平成30年11月30日 発行

※当メールマガジンは、内閣府青少年担当から子供・若者育成支援に関する施策等の様々な情報を配信しています。

本メールマガジン『内閣府子供・若者通信~よりそい~ 特別配信号』については、内閣府からの御案内(研修参加者募集の告知等)をさせていただきます。
(定期配信とは異なります)

目次

  1. 【募集情報】平成30年度「子供・若者育成支援のための地域連携推進事業(青年リーダー研修会)」に係る参加者(研修生)の募集について
  2. 【開催案内】子供の貧困対策マッチング・フォーラム
  3. 【参考情報】ひきこもりに関する実態調査の実施について
  4. 【参考情報】ひきこもりの定義及びこれまでの調査について
  5. 【都道府県・政令指定都市等―施策紹介】国立青少年教育振興機構「第35回全国青少年相談研究集会」の開催について(募集情報)

1.【募集情報】平成30年度「子供・若者育成支援のための地域連携推進事業(青年リーダー研修会)」に係る参加者(研修生)の募集について

 内閣府では、平成30年度「青年リーダー研修会」を開催します。

 NPO等の民間団体に所属し地域において社会貢献活動を担う若い世代を対象に、演習等を通じて実践力の向上を図り、子供・若者の育成支援をはじめ、地域の様々な課題の担い手を養成することを目的に研修(青年リーダー研修会)を実施します。

  • 日程 : 平成31年1月28日(月)~1月30日(水)2泊3日
  • 会場 : 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)
  • 募集人数 : 50名程度
  • 参加費 : 無料

■詳細につきましては、下記HPアドレスを御覧ください。
平成30年度「子供・若者育成支援のための地域連携推進事業(青年リーダー研修会)」 について(研修参加に係る募集要項)
http://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/chiiki_renkei/h30/youkou.html

2.【開催案内】子供の貧困対策マッチング・フォーラム

「見えにくい」といわれる子供の貧困。地域のなかで支援の輪を広げる一助となるよう「子供の貧困対策マッチング・フォーラム」を2019年1月~3月、全国4か所で開催します。有識者や子供の貧困対策に取り組む企業関係者による講演のほか、パネルディスカッションでは学習支援や子供食堂に取り組む団体、NPO等と連携して支援に取り組む企業などが登壇し、終了後には企業や団体、個人をつなげるための自由交流会を行います。「何かできることを」とお考えの皆様、ぜひ、御参加ください。

  • 1月25日(金)東京都千代田区(有楽町朝日ホール)
  • 2月以降岩手県盛岡市(場所未定)
    愛知県名古屋市(場所未定)
    山口県周南市(場所未定)

実施内容の詳細につきましては、決まり次第「子供の未来応援国民運動Facebook」等でお知らせいたします。

■プログラム内容や参加申し込みなどの詳細は、下記HPに随時掲載いたします(昨年度の開催実績等もご覧いただけます。)。
 子供の貧困対策マッチング・フォーラム
 https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/forum/h29_forum-kaisai.html

■マッチング・フォーラムの開催情報等国民運動に関する情報を投稿しております。
 子供の未来応援国民運動Facebook
 https://www.facebook.com/kodomonomiraiouen/

3.【参考情報】ひきこもりに関する実態調査の実施について

 内閣府では、本年度、以下のとおり、40歳から64歳までの方を対象にしたひきこもりに関する実態調査を実施する予定であることについては、本誌7月号でお知らせしたところですが、調査の実施時期が近づいてきましたので、改めてお知らせします。

  • 調査対象者
    層化2段無作為抽出法で全国から抽出された40歳から64歳までの5,000人とその同居者の方
  • 調査の実施方法
    内閣府から委託を受けた民間の調査会社の調査員が、調査対象となった方の御自宅を訪問して調査票をお渡しし、後日、再び訪問して調査票を回収する、訪問留置、訪問回収によります。
  • 調査の実施時期
    平成30年12月
  • 調査の内容
    生活状況のほか、不安要素やふだんの生活態度、ひきこもり状態にある方やひきこもり状態にあった方については、そのような状態になってからの期間、そのような状態になったきっかけ、そのような状態ではなくなったきっかけや役立ったことなど。
  • 調査結果の公表時期
    平成30年度中(予定)

 今回の調査についても、これまで実施した2回の調査同様、調査会社に委託して行うこととしており、各行政機関や相談機関、支援機関の皆様に、直接の御負担はないものと考えております。

4.【参考情報】ひきこもりの定義及びこれまでの調査について

 8月号では、内閣府のひきこもりに対する取組について御紹介しましたが、本号では、ひきこもりの定義及びこれまで実施されたひきこもりについての調査からいくつかを御紹介します。

1 ひきこもりの定義
 ひきこもりについては、平成19年度から21年度に取り組まれた厚生労働科学研究「思春期のひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療・援助システムの構築に関する研究」の研究成果としてまとめられた「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」において、次のように定義されています。

 様々な要因の結果として社会的参加(義務教育を含む就学,非常勤職を含む就労,家庭外での交遊など)を回避し,原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)を指す現象概念である。
 なお,ひきこもりは原則として統合失調症の陽性あるいは陰性症状に基づくひきこもり状態とは一線を画した非精神病性の現象とするが,実際には確定診断がなされる前の統合失調症が含まれている可能性は低くないことに留意すべきである。

 内閣府でも、基本的には、この定義に該当するものを、ひきこもりとしています。

2 これまで実施されたひきこもりについての調査
 ひきこもりについての調査は、これまで様々なものが行われてきました。
 以下、いくつかのものを御紹介します。

  • (1)こころの健康についての疫学調査に関する研究
    平成16~18年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)で行われた研究です。
    国内の11地域の住民4,143人を無作為に抽出して面接により調査を実施したところ、「ひきこもり」の状態にある子供がいると答えた回答者は23人(0.56%)であったことから、約26万世帯において「ひきこもり」の方がいると推計されています。
  • (2)平成19年度若年者自立支援調査研究
    東京都が実施した調査研究です。都内の無作為に抽出された15歳から34歳までの1,388人からアンケート調査による回答を得たところ、ひきこもり状態にあると判断された者が10人(出現率0.72%)であったことから、都内のひきこもりの若者は2万5000人と推計されています。
  • (3) 内閣府によるひきこもり実態調査
    内閣府では、これまで、15歳から39歳までの方を対象として、2回にわたりひきこもりの実態調査を実施してきました。 1回目は平成21年度に実施したもの(「若者の意識に関する調査」)であり、2回目は平成27年度に実施したもの(「若者の生活に関する調査」)です。

それぞれの調査の結果については内閣府のホームページ(青少年に関する調査研究等)に掲載していますので、関心のある方はご覧ください。

 これら以外にも、各地方公共団体などで独自に調査等が行われています。
 内閣府では、こうした過去の調査研究の成果などの蓄積も踏まえつつ、ひきこもりの実態把握に努めています。

5.【都道府県・政令指定都市等―施策紹介】国立青少年教育振興機構「第35回全国青少年相談研究集会」の開催について(募集情報)

 国立青少年教育振興機構では、青少年の健全育成や相談業務に携わる者が一堂に会し、協議等を通じて、指導者としての資質及び専門的な知識・技術を高めるとともに、団体間の連携協力の促進を図る目的に本研究集会を開催致します。

 今年度のテーマは「青少年の複合化した課題を地域で支えるには」として、基調講演、分科会(「児童虐待」「不登校」「いじめ」「発達障害」「SNS問題」)等を通して、複合化する青少年問題への対応について考えます。

 平成30年度「第35回全国青少年相談研究集会」
・日程 : 平成31年1月17日(木)14:00~18日(金)15:35(部分参加可)
・会場 : 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
・定員 : 300名程度
・申込締め切り : 平成31年1月7日(月)
・参加費 : 無料

■お問い合わせ 国立青少年教育振興機構教育事業部事業課
 電話:03-6407-7685
 メール:honbu-jigyoukakari@niye.go.jp

■詳しくは、下記開催要項をご覧ください。
 http://www.niye.go.jp/files/items/3744/File/H30soudankenkyuusyuukaiyoukou.pdf

 申し込みフォーム
 https://www.niye.go.jp/entry/app/event/apply/1887


Twitter(ツイッター) ~内閣府青少年担当

青少年に関する内閣府の取組等の情報を、Twitter(ツイッター)で発信しております。ぜひともご活用ください。

■ Twitter(ツイッター)URL
内閣府青少年担当のTwitterページ


■ メールマガジン新規登録を希望される方はこちら
メールマガジン新規登録

■ メールマガジン登録解除(配信停止)を希望される方はこちら
メールマガジン登録解除(配信停止)


今後とも子供・若者施策に御理解・御協力をよろしくお願いします


次号『内閣府子供・若者通信~よりそい~ Vol.44』は、平成30年12月頃を予定しています。
本メルマガにつきまして、皆様の周りの方にも周知いただければ幸いです。

発行
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年担当
URL:https://www8.cao.go.jp/youth/

所在地
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1(中央合同庁舎8号館)

連絡先
TEL:03-5253-2111(内線38248)