山木屋小学校緑の少年団の活動

福島県 川俣町立山木屋小学校緑の少年団
廣野 精香さん(11歳)
廣野 精香さん

 山木屋小学校緑の少年団は、昭和五十五年の結成時から二十六年間に渡り、山木屋小学校児童と先生方、地域の育成会が一体となって、地域の緑化推進及び環境保全を目的とした様々な活動に取り組んできました。そのうちのいくつかについて紹介します。

活動写真

 まずはカンナの栽培です。育てた球根は、緑の募金に協力して下さった地域の方々にプレゼントしたり、校地に隣接した花壇や町内の福祉施設に植え付けたりしています。赤や黄色の大きな花が、町内の多くの人の目を楽しませています。二つ目は、植樹作業です。地区内の林に、針葉樹や広葉樹を含む千本を越える樹木を植え付け、管理を続けてきました。地域の緑を守り育てる活動を通して、森林が持つ環境浄化作用や災害を防ぐ働き等について学んでいます。活動や学習の成果は、発表会やポスターの配付を通して、広く地域の方々に知らせ、地域をあげて、緑化推進に努めているところです。
 また、今年は、新たな試みとして、地域の水環境を守る活動にとりくみました。地区内にある分水嶺と河川の水質調査をし、問題点を明らかにしました。調査の結果は、地域に伝えるとともに、水環境改善のための協力を呼びかけてきました。
 私たち山木屋小学校緑の少年は、これらの活動を通じて、いかに自然豊かで美しい環境に恵まれた場所であっても、そこに住む人々が、自然を大切に思い、守り育てるという意識をもって生活しなければ、たちまち失われてしまうものであること、そして今できることを真剣に考えみんなで取り組んでいくことが大切であることを学んできました。私たち少年団の思いは、確実に地域に浸透し、地域を巻き込んだ活動としての広がりを見せています。
 今後も、地域の緑化推進と環境保全のために、地域が一丸となって、活動を続けていきたいと考えています

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ