「葛渡の環境美化活動」

熊本県 水俣市立葛渡中学校生徒会
古里 峻さん(15歳)
古里 峻さん

 葛渡中学校生徒会では、平成4年度に設立された「葛渡校区子どもの健全育成を考える会(もやいの会)」と連携して、14年間にわたって「国道及び公民館清掃ボランティア活動(VS活動)」「もやい花壇づくり」「あいさつ運動」等の環境美化活動を行ってきました。これらの活動は、ふるさとのよりよい環境づくりの一環として、特に地域清掃ボランティア活動では、年二回、国道268号線沿いや地区の公民館清掃活動を実施し、地域の住民の方から毎回温かい支援や励まし、感謝の言葉をいただいています。
 最近の国道清掃活動では、見た目以上にゴミが多く、空き缶だけでなく、生活用品まで捨ててあるのが目立ちます。この現状を知り、僕は、自然を大切にするために改めて一人一人が環境に対する意識を高め、自分で実行できる活動に積極的に取り組んでいかなければならないと思いました。また、みんなで協力して清掃活動を行った後は、地域の方から「きれいになったね。ありがとう。」と感謝の言葉を告げられると達成感とともに今後もこの活動を続けていかなければならないという気持ちが強くなりました。
 毎月実施しているあいさつ運動では、地域の方々が僕たちのあいさつについて「気持ちがよい。元気づけられる。」といってくださいます。また、大きな声であいさつをすることで、自分自身もすがすがしい気持ちになることができます。
 今後は、これらの取組を通して、更に地域の方々と積極的に交流していきます。また、これまで継続してきたこれらの環境美化活動を大切にし、葛渡中学校のよき伝統として後輩に受け継いでいきたいと思います。そして、笑顔と美しい自然にあふれた地域づくりに貢献できるよう頑張りたいと思います。

あいさつ運動

花壇作り

公民館清掃活動

国道清掃活動

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ