「私たちのボランティア活動について」

石川県 ボランティア探検隊「飛鳥」
会長 元山 ユカリ(17歳)
元山 ユカリさん

 飛鳥は、昭和60年に高校生のボランティアグループとして誕生しました。
 現在は小学5年生から、高校3年生までの49名が所属し、月に2~3回の活動を行っています。
 活動内容は、町内の行事(各種お祭りや、社会福祉大会、花いっぱい運動、敬老会、自然教室など)のお手伝いをはじめ、福祉施設の訪問や募金活動などですが、毎月の定例会で今後の活動について話し合いを行ったりと、小中学生にも取り組みやすいように定期的に福祉に役立つ内容の研修会も取り入れています。
 年齢層の幅も、小学生から高校生までと幅広く、グループ内において、自然と異年齢の交流ができ、まるで兄弟の様な感じになり活動を楽しんでいます。
 私たち飛鳥は、ボランティア活動を通して多くの人々と出会います。家庭や学校だけではできない経験をすることは、自分たちの視野を広げることになり、又、活動も自分たちの意志で各自が、自分のできることを無理せず、仲良く活動しているので決して「苦」ではなく、楽しみながら出来てしまう感じかもしれません。
 例えば、小学生から福祉施設のお年寄りと折り紙を折ったり、中学生の子が将棋を指したり、バルーンアートを作ってあげたり、皆で覚えた手話を使って合唱をしたりと本当にこんなのでいいのかなあと思うぐらいのことですが、喜んでくれる人たちの顔を見ると良かったのだと感じることができます。
 世界平和への第一歩と言うと大げさですが、暗いニュースが多いこの頃、飛鳥の活動は、せめて身近な人が幸せになれる様な温かい交流であり続けたい、と願っています。

活動写真

サマー交流会

バルーンアート教室

一覧へ戻る | 前のページへ