これからもずっと…

北海道 木村 謙さん(30歳) 木村 謙さん

 私は現在、富良野市柔道スポーツ少年団の指導員としてお手伝いをさせていただいております。
 富良野市柔道スポーツ少年団は、幼少の頃からお世話になっており、高3の部活動引退後も時間を見ては道場に足を運び、低学年の子どもたちの技術指導や各種の行事に携わらせていただきました。
 当時、自分の将来を決めかねていましたが、このボランティア活動を通して、「将来、地元でスポーツ少年団の指導に携わりたい」という熱い想いが強くこみ上げ、決心することができました。高校卒業後は、家業に関する修行のため、3年間上京していましたが、その想いが閉ざされることはありませんでした。
 富良野に帰郷後、その想いが現実のものとなり、少年団とかかわることができました。所詮、一会社員でしかない故、何度も、子どもたちへの指導方法や保護者のみなさんとの接し方に悩みました。
 しかし、天気が悪いため見たいテレビがあっても休まず稽古に通い、たとえ勝てなくてもいつも健気に頑張っている、そんな子どもたちの姿にいつも励まされています。「自分の気持ちがふらついてはいけない、子どもたちには常に一期一会の気持ちで精一杯取り組みたい、それが将来、何かの役に立つのでは」と言い聞かせ、ジュニアスポーツ指導員資格を取得することで、スキルアップを目指しました。
 もう一つの地域活動は、地元のコミュニティFM「ラジオふらの」での番組制作です。ここは、全国的にも稀で全てがボランティアスタッフです。
 77.1MHZFMでの活動は、肩肘をはらず、「自分たちがまず楽しめる放送を」を合言葉に、リスナーの皆さんに喜んでいただければと、日々番組作りに頑張っています。こちらにも少年団に関わっている事が縁で参加することとなり、たくさんの方との出会いの中から多くを発見し学ばせていただいています。
 今後は、子どもたちが大きな事故もなく日々成長していってくれる事、子どもたちの中から一人でも将来の少年団の指導者を目指してくれる事、そして、多くの先輩方から受け継がれてきた40年の伝統ある少年団を末永く続けていく事、この3つを目標に地域活動を続けていきたいと考えています。

活動写真1

活動写真2

活動写真3

活動写真4

一覧へ戻る | 次のページへ