子どもたちの笑顔に囲まれて

千葉県 川瀬 信一さん(18歳) 川瀬 信一さん

 私は中学生の頃から、地域の子ども会でジュニアリーダーとして活動を行ってきました。ジュニアリーダーとは、子どもたちのよきお兄さん・お姉さんとなり、子ども会活動をより楽しく、充実したものにしていくボランティアです。私は週末になると、レクリエーションや自然体験活動、創作活動などを通して、多くの子どもたちと時間を共にしました。
 高校生になると、千葉県中に私と同じようにジュニアリーダーとして活動している中・高・大学生の存在を知りました。「もっと良いリーダーになりたい。」そんな思いから、他の市町村の活動にも積極的に参加するようになりました。次第に、地域ごとの子どもたちの特色が、素直に表れる子ども会に、より魅力を感じるようになりました。
 活動の中で子どもたちは、いつも私に笑顔を見せてくれます。お楽しみ会やキャンプが終ったあと、「また来るね!」と、子どもたちが元気に声をかけてくれた瞬間、準備や運営の疲れは吹き飛び、「次もまたがんばろう。」と思うのです。その繰り返しで、気が付けば大学生になっていました。
 大学生になると、子ども会だけでなく、様々な団体の活動に参加する機会にも恵まれました。そこでは、子ども会活動で得た経験を活かすことができると同時に、今までとは違った子どもとの接し方や、様々な立場に立つ人の考え方、近年の社会教育の方向性にも触れることができ、こどもをみる視点、活動を捉える視点が広範化し、後輩リーダーの指導・育成などに役立てることができています。
 私がこれまでの活動の中で得たもので一番大切なものは、人と人との繋がりです。人は独りでは成長できないし、新たな発見の機会も乏しくなります。私はたくさんの人との出会いの中で、考えを深めたり、新しい経験をしたり、何よりたくさんの仲間を得ることができました。
 私とたくさんの人との出会いは、子どもたちのおかげです。これからも子どもたちが楽しく、多くのことを感じてくれる活動づくりを目指して、尽力していきたいと考えています。

活動写真1

活動写真2

活動写真3

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ