「楽しく学ぶ」

静岡県 望月 孝昭さん(26歳) 望月 孝昭さん

 私は小学生のころ、地区で主催されていた『少年教室』(当時の対象は小4~小6)という事業に参加していました。そのときに一緒に参加してくれたリーダーに出会い、ジュニアリーダーという存在を知り、その活動や存在に興味を持ちました。そして中学生の頃に、旧清水市主催のジュニアリーダー講座に参加したのがきっかけで、高校生のときから今も活動している、清水子ども会・清水リーダース倶楽部に加入し、リーダー活動を続けています。
 私は、子どもや仲間たちから「ぽんた」と呼ばれています。
 この活動をしていなかったら関わり合うことが無かったかもしれない、小学生や中学生、高校生や社会人、年齢も職業も違ういろいろな人達から友達・仲間として『ぽんた』と呼んでもらっています。
 これこそが、私がこの活動を続けてきて、一番うれしく思うことです。また、続けている理由かもしれません。私はこのたくさんのいろいろな友達・仲間と活動していく中で、リーダーとしての知識や技術だけでなく、社会性や協調性など、たくさんのことを学んできました。正直なことを言うと、私は「誰かのために何かをしている」という意識はあまりありません。自分にいろんなことを学ばせてくれるこの活動、友達、仲間がただ楽しくて、好きなのです。もし、何かをしてきたとしたら、それは私と同じように、子どもたちがたくさんの人と遊んだり、キャンプをしたりするなどをしていく中で「楽しいな」と感じ、そこから何かを学ぶことの手助けをしてきただけだろうと思っています。
 これからも私のリーダー活動は続きます。この先、私が今まで学んできたこと、感じてきたことを後輩や仲間に伝えながら、子どもたちに「楽しいな」と思ってもらえるような活動をしていきたいと思います。

活動写真1

活動写真2

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ