~感謝~

大分県 梶原 弘さん(25歳) 梶原 弘さん

 私が今回このような賞を頂けるきっかけとなったのは、耶馬渓町ジュニアボランティアリーダー(以下、略称「ジュニア」)との出会いでした。
 小学生の頃に、町の行事の山登りに参加した時に楽しくやさしくお世話してくれて、それが本当にうれしくて良い思い出になり、自分も一緒に活動がしたいと思い、中学校から高校卒業までの6年間町の行事の参加、募金活動、手話、障害者との交流などをやってきました。

活動写真

 活動を通じて感じたことは、ボランティアとは、誰かのためじゃなく自分を成長させるための行動だと思います。そもそも私はボランティア活動を一人でやるほど好きじゃないと思います。私はジュニアと出会い、今年で13年目になります。今まで活動を通してたくさんの出会いや、学校ではできない経験、感動を得てきました。年齢を超えて活動を共にする仲間、ジュニアの活動以外の時でもジュニアのことを考えてくれる担当者、困った時に相談に乗ってくれる卒業者、理解してくれる親や地域のみなさん、たくさんの方に囲まれた環境です。私が育った町には、そんな環境のジュニアがあったから今の私があるのだと思います。私は、たくさんの感動や経験をもらったジュニアが好きです。だから、みんなと行動するボランティア活動が好きです。
 私は現在、ジュニアの指導者として活動に参加しています。私はとにかく楽しくやることができる応援がしたいです。自分も人間としてまだまだなんですが、そんなに成長ができたのも、現役の頃、きつくも楽しく活動ができたからだと思います。
 これから私はジュニアの生徒と、町の行事で出会った小学生が、私もそうであったように「中学生になったらジュニアに入りたい」って思えるような団体にしたいなと考えています。そして、活動を通して当たり前のことが当たり前にできるような人間を育てていきたいです。

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ