-
-
-   身近にあった当たり前 -
-
-
 

長田 莉歩 さん
北海道 浜頓別高校ボランティア局
長田 莉歩

 私たち浜頓別高校ボランティア局は、一つの部活動としてボランティア活動を行っています。他の部活と掛け持ちができるため、全校生徒の約三分の一の51名が加入しています。活動内容は週に一度ずつ保育所や老人ホームを訪問したり、地域行事のサポート、小中学生の宿泊研修のお手伝いをしたりと年間約50件の活動をしています。

 私は高校三年間、ボランティア活動を通してたくさんのことを学びました。誰かに感謝される喜び、自分から挑戦してみる勇気、人のために何かをするという責任感などです。様々な年代の方々と触れ合う中で本当に多くの楽しさや充実感を味わえて、自分自身が成長することができました。また、多くの局員がボランティア活動を将来の夢や進路につなげることができたと思います。

 しかし、私が一番重要だと思うことは、ボランティアは特別なことではなく、「当たり前のこと」ということです。ボランティア局に所属しなくても日ごろから意識をすれば、様々な年代の方とコミュニケーションが図れ、お手伝いやサポートもできるのです。そしてそれは身近にあることで、何も特別なことではなく、当たり前にできることだと思っています。

 今後は「ボランティア」という機会の中で自分のできることをして充実感を得るのではなく、日頃からできることを探し、いろいろな年代の方と関わっていきたいです。高校生という身分に甘んじることなく周りの方に感謝をしながら、ボランティア精神を持って日々の生活を送るという気持ちが後輩に根付いていってほしいと考えています。

窓ふき 雪かき お手伝い

-
 

一覧へ戻る | 次のページへ

-
-
 青少年トップ青少年育成国民運動の推進社会貢献青少年及び青少年健全育成功労者表彰平成21年度 > 受賞者