本編目次 | 前ページ | 次ページ

子ども若者育成・子育て支援功労者表彰 内閣総理大臣表彰

小浜信用金庫

[福井県推薦]

http://www.shinkin.co.jp/obama/別ウインドウで開きます
代表者名:森下 充  社員数:120名

■活動内容等

平成14年11月より、職員の子育て支援に取組み、仕事と家庭の両立を支援するため、いち早く育児休業や短時間勤務制度を導入したほか、小学校就学前に加え義務教育期間中の子どもも対象とする看護休暇制度を充実させています。

さらに、管理者を対象に「職場風土改革管理者研修」を実施し、職員の仕事と家庭の両立を支援する必要性を理解させることで育児休業等を取得しやすい環境整備を図るなど、両立支援を継続していくための様々な取組を行い、平成15年に男性管理職が福井県内第1号となる育児休業を取得したことを機に、男性職員も積極的に育児休業を取得するなど、男女関係なく、育児休業取得が当たり前という風土作りにも取り組んでいます。

平成22年3月に、仕事と子育てを両立しやすい環境整備を進める企業として、従業員300人以下の中小企業では福井県内第1号の“くるみんマーク”を取得し、平成23年4月の次世代育成支援対策推進法の改正により、新たに「一般事業主行動計画」の策定が義務付けられた従業員101人以上300人以下の企業のなかで、福井県内唯一、国の「子育てサポート企業」の認定を受けています。

平成23年5月、北陸3県の金融機関初の事業所内保育施設および全国の金融機関初の学童保育施設を設置して、職員の利用のみならず地域の人にも開放するなど、助け合いのネットワークを広げています。

また、金庫内にNPO法人「はまっこネットワーク」を設立し、子ども祭りの開催や、金融教育など、地域住民に対する子育て支援事業にも積極的に取組み、地縁人縁を生かした地域密着型金融機関として、地域全体の子育て環境の向上に努めています。

事業所内保育施設の様子
事業所内保育施設の様子
子ども祭りの様子
子ども祭りの様子

■受賞者からの一言

私共の経営理念である三方よしプラスワン「お客様よし、地域よし、信用金庫よし、プラス職員よし」(地域に貢献するためには働く職員を大切にしなければならない)をスローガンに「ひと」を大切にした経営を心掛けて参りました。これまでも、各界各層のご指導を頂戴し、堅実かつ地道に取り組みました結果、このほど全国の金融機関で初の受賞という、栄誉を賜りましたことに深く感謝申しあげます。さらに、今後も子育て支援事業等を通じ「地域社会繁栄への奉仕」の具現化に努めて参ります。

▲このページの上へ


本編目次 | 前ページ | 次ページ