本編目次 | 前ページ | 次ページ

子ども若者育成・子育て支援功労者表彰 内閣府特命担当大臣表彰 [子育て・家族支援部門]

特定非営利活動法人 子育てサポートセンターきらきらくらぶ

[福井県推薦]

http://www1.rcn.ne.jp/~kirakira/別ウインドウで開きます
代表者名:林 惠子  団体構成人数:72名

■活動内容等

平成4年より活動している子育て支援分野では県内初のNPO法人であり、その子育て支援は多岐にわたっています。子育て中の保護者の声に耳を傾け、そのニーズに合った子育て支援をし、行政と協働し自らできることを提案して活動していくなど、単に預かるということだけでなく、将来を担う子どもたちが健全に成長できるように保護者が、子育てを楽しく感じ、やりがいのあるものと思えるように手助けをしていく活動をしています。

同センターでは、自宅で養育している子どもたちを預かることにより、保護者が子どもたちの成長を少し離れてみる時間ができ、行事など一緒に楽しめ、すぐに相談できる相手(保育士)がいて安心して子育てできます。また、母親の要望により、幼稚園・小学校低学年の子どもたちの夏・春・冬休みの活動を行っています。普段学童保育に行っていない子どもたちがその時期だけ通えるように、年齢に合った楽しい活動を提供し、もう一つの居場所としてとても喜ばれています。

また、子育て広場(おやこきらりんひろば)では、単に屋根つきの公園感覚ではなく、遊びに来る母親が生き生き過ごせるよう活動に取り組んでおり、母親が自分のスキルをいかしながら広場のなかでお互いをサポートしています。

親子イベントは、父親の育児支援ということを念頭に置き、父親が参加しやすく、かつ参加することにより次の活動につながるように働きかけ、家庭のなかで子どもと過ごす時間を増やすきっかけになることを目的とし、積極的に行っています。

気軽に交流ができる場所として市民に定着し、子育て中の父親や母親から孫育ての祖父母世代、妊婦にまで広く利用されており、子育ての拠点的な役割を果たし、つながりも深まっています。

赤ちゃんプログラムの小麦粉遊び
赤ちゃんプログラムの小麦粉遊び
父親支援プログラム「父ちゃんと雪遊び」の休憩中の絵本の時間
父親支援プログラム「父ちゃんと雪遊び」の休憩中の絵本の時間

■受賞者からの一言

このたびは、創立20年目の節目の年に、名誉な賞をいただけたことを利用者の方々と共に心より喜んでおります。始めたころは、「子育て支援」という言葉もありませんでした。でも、そのころの母親たちにきらきらに出会った時の気持ちを今お聞きすると、「子育ての方法がわからなくて、すがる思いで入った。」という方が多く、びっくりしています。今も昔も子育ての思いは同じ。当事者の声に耳を傾け、気楽に子育てするためにどんな支援が必要なのかをみんなで考えながら今後も歩んでいきたいと思います。

▲このページの上へ


本編目次 | 前ページ | 次ページ