本編目次 | 前ページ | 次ページ

社会貢献青少年表彰

愛媛県立長浜高等学校 水族館部

[愛媛県推薦]

http://www.geocities.jp/nagakou_aquarium/別ウインドウで開きます
代表者名:大野 雅一郎  団体構成人数:17名

■活動内容等

大洲市長浜町(旧喜多郡長浜町)には、昭和10 年に四国初の水族館「長浜水族館」が誕生し、長年にわたり町のシンボルとして町民に愛されていましたが、昭和60 年に老朽化を理由に惜しまれつつ閉館しました。

平成11 年に、水族館の復活を望む町内有志の手により、町内の個人や事業所の水槽をネットワークで結び、町全体を水族館にする「長浜まちなみ水族館」が誕生しました。その中核として、日本初の高校内水族館「長高水族館」が開館しました。

月1回の一般公開や保育園・小学校等の依頼による特別公開では、同部員が水槽の解説を行い環境教育の場を提供するとともに、町のイベントにも積極的に参加しています。平成11 年設立からの11 年間で、約3万人が来館し、町の活性化に大きく貢献しています。

一般公開時には、来館者1グループに対して1人の部員が付き添って全ての水槽について解説を行い、コミュニケーション能力を養うとともに、生徒が自らを磨きながら、来館者に環境教育の場を提供しています。

さらに、部員は水族館で人工繁殖に成功したカクレクマノミを用いた課題研究にも熱心に取り組んでおり、国内で最も権威のある「日本学生科学賞」にて、3年連続全国表彰を受けるなど、輝かしい成果を出しています。

水族館部のスタッフ一同
水族館部のスタッフ一同
長高水族館一般公開の様子
長高水族館一般公開の様子

■受賞者からの一言

受賞を大変光栄に思います。これを励みに、今後さらに活動に力を入れていきたいと思います。水族館の運営は、100を超える水槽の維持管理だけでも相当に大変です。生き物相手の活動ですので、お盆やお正月も続けて休むことはできません。しかし、月1回の水族館一般公開日に向けて、「来月は今月よりもさらにいい水族館に!」を合い言葉に、水槽のレイアウトや紹介ラベルなどの充実に努めています。

ご来館いただいたお客様からの感謝の言葉が何よりの励みになります。今後も長高水族館の活動を通して、学校と町を盛り上げていきたいと思います。

▲このページの上へ


本編目次 | 前ページ | 次ページ