本編目次 | 前ページ | 次ページ

チャイルド・ユースサポート章 [子ども・若者育成支援]

全国地域活動連絡協議会

[厚生労働省推薦]

http://www.hahaoya-club.ne.jp/別ウインドウで開きます
代表者名:高木 美恵子  団体構成人数:団体33団体 クラブ1,971クラブ 個人86,024名

■活動内容等

母親をはじめとする地域住民が参加する児童健全育成に寄与するボランティア団体である地域組織(母親クラブ)の全国組織として、昭和49年に発足し、各都道府県・指定都市・中核市単位の地域活動連絡協議会をとりまとめ、「まちの子はみんなわが子」を合い言葉に、子どもたちの健全育成を願い、広く子育て支援等のボランティア活動に取り組んでいます。

全国組織であるという利点を活かし、毎年7月を「公園の安全月間」として、子どもたちが夏休みに入る前の7月第2日曜日から「遊び場遊具点検」や「公園の防犯点検」を全国で一斉に実施しています。小学生、幼児も参加してもらい、大人の視線からだけでは気づかない点について点検を行うとともに、子ども自ら事故防止に関心を持つ機会となっています。また、遊具の安全点検の具体的な内容や方法等をとりまとめた「遊び場事故防止マニュアル」を作成し、同協議会のホームページにも掲載し、遊具の点検を行う際の参考となるよう広く公表しているところです。

地域組織の活動は、地域の児童館やその他の公共施設と有機的連携を図りながら、遊び場の遊具の点検、遊び場の巡回、交通安全活動、非行防止活動、子どもを犯罪の被害から守るための活動を行うとともに、親子や世代間の交流、文化活動、児童の養育に関する研修に関する活動を行っており、地域の児童健全育成及び子育て支援に貢献しています。

各地域組織が活動しやすいよう会員相互の情報交換・交流を図り、行政や関係団体等との調整を行っています。また、地域組織活動の質の向上を図るため、昭和53年より毎年1回、「地域組織活動指導者全国大会」(3ブロック)において、指導者研修会を実施し、ボランティア活動についての充実を図るための講演やフォーラム、母親クラブやその他団体の事例研究等を行っています。

子どもたちと一緒に「公園の安全点検」活動
子どもたちと一緒に「公園の安全点検」活動
キルトシアターを作り保育園で「交通安全教室」
キルトシアターを作り保育園で「交通安全教室」

■受賞者からの一言

少子化等の影響で全国的に地域組織(母親クラブ)が減少しています。そんな中でも、祖父母や男性に参加を働き掛けたり、子育て支援を行っているNPOやサークル、児童館や行政と協働して、自分たちも楽しみながら児童の健全育成に取り組んでいます。

全国それぞれの地域で活動している単位クラブの皆さんに、機関誌やホームページ、ブログを通じて各地の活動内容を紹介したり、活動に役立つ情報を提供しています。

また、全国一斉「公園の安全点検」活動を呼び掛けたり、情報交換や知識の吸収を図るための研修会等を設けています。

▲このページの上へ


本編目次 | 前ページ | 次ページ